【ニキビ化粧水の安価】コスパがいい優秀な化粧水

【ニキビ化粧水/安価】おすすめの市販での選び方

市販されている安いニキビ化粧水は本当にコスパが良いのかを調べました。

ドラッグストアなどの化粧水の成分、内容量、金額に着目してみると決して費用対効果が良いものではないことがわかりました。

【ニキビ化粧水/安価】口コミで人気の安い化粧水を比較

ニキビ化粧水は安いのが決してコスパが良いものとは限りません。

ニキビを改善できるかどうかは、化粧水に含まれる成分によって左右されます。

つまり、改善する成分の種類や量などがポイントになります。

ドラッグストアには2000円以下の比較的安い化粧水がありますが、陳列されている種類が多いので片っ端から成分を見るのは現実的ではないですよね。

そこで、安いわりに良さそうだからという気持ちで化粧水を購入し、失敗してお金を無駄にしないために、一般の店舗で販売しているニキビ化粧水を比較してみました。

ニキビ化粧水のプチプラがおすすめできない注意点

結論から言うと、ニキビ化粧水はプチプラのものはおすすめしません。

というのも、プチプラのニキビ化粧水にはニキビを治すために作られたものは少なく、それをわからず購入してしまうと結局買い換える必要がでてしまうからです。

成分表示をみて自分の悩みを解決できるニキビ化粧水を自分で選択できるのであれば問題ありませんが、なかなかそういうわけにはいきませんよね。

プチプラよりも若干高めではありますが、評判が良いオルビスとプチプラ化粧水と比べてみたので参考にしてみてください。

ニキビ化粧水:白ニキビにおすすめされているプチプラの美顔水

美顔水はサリチル酸を含む白ニキビにおすすめの拭き取り化粧水。ですが、それ以外の重度な炎症には向いていないので複数の効果を求めるのであればコスパは悪い化粧水です。

【有効成分】
サリチル酸ホモスルファミン【その他】
ゲラニオール変性アルコール、PG、香料

価格は税込みで864円ですが、保湿成分もPGのみなのであまり効果は望んではいけません。

選ぶのであれば、

【有効成分】
グリチルリチン酸2K 【その他の成分】
水、BGグリセリンジグリセリンシコニンヨクイニンエキスコラーゲン・トリペプチドFシロキクラゲ多糖体、ヒドロキシエチルセルロース、カルボキシビニルポリマー、水酸化K、フェノキシエタノール、メチルパラベン、ジエチレントリアミン5酢酸5Na液オルビス公式サイトより引用

少々価格が高くなってもこのような有効成分と保湿成分が豊富な化粧水の方が結局買い換えたりしなくて済む分安上がりです。

ちなみにオルビスクリアの化粧水は1620円、サンプルは1200円で販売しています。

ツルンとした陶器肌を目指すのもできるだけおサイフに優しい化粧水がいいですね。

化粧水のプチプラ:赤ニキビがある思春期におすすめされているメラノCC

赤ニキビに効くと評価のいいメラノCCですが、結論からいうと赤ニキビの炎症を抑える成分は1種類しか含まれていないので効果的ではありません。

オルビス メラノCC
価格 1620円 975円
容量 180ml 170ml
抗炎症成分量 ヨクイニン・甘草エキス・紫根エキス グリチルリチン酸

メラノCCの価格は抑えめの975円(税込み)ですが、炎症に働きかける成分がメラノCCは1種類に対してオルビスは3種類。

さらにオルビスに含まれるヨクイニンエキスには美白効果も持ち合わせているので、メラノCCの有効成分ビタミンCと同様の美白働きをしてくれます。

値段が645円オルビスの方が高いですが、ニキビ跡の赤みや赤ニキビに悩まれているのであればおすすめです。

洗顔料・化粧水・保湿液の3点トライアルセットなら3週間分が1200円でお試しできますよ。

ニキビ化粧水の30代におすすめしないプチプラ乳液1:無印

ニキビとお肌の老化を感じ始める30代に向けに無印の乳液はおすすめしません。

無印が展開しているのはエイジングケア乳液と化粧水で、エイジングケア乳液は150mlで1490円、エイジングケア化粧水は200mlで1500円、オンラインストアで購入すると合計金額5000円以下は送料450円になるので、ネットだと3440円になります。

実はこの無印のエイジングケア乳液と化粧水にはニキビの消炎成分・予防成分は含まれず、ニキビには効果はありません。

購入したとしても3440円分の恩恵は感じられないので購入はおすすめしません。

30代の敏感肌・乾燥肌におすすめされているプチプラニキビ化粧水:無印

30代のニキビは乾燥が引き金で起こるバリア機能の低下なので、敏感な肌質や乾燥気味の場合は保湿をしっかりしたいところ。

しかし周期的にできてしまうニキビを予防するには潤いだけではなく薬用成分が必要です。

オルビスクリアローション 無印 敏感肌用・高保湿タイプ化粧水
価格 1620円 690円
もち/一日あたり 約60日/27円 不明/11円(60日換算)
有効成分量 甘草エキス・紫根エキス・ヨクイニンエキス 保湿成分のみ

無印の敏感肌用・高保湿タイプ化粧水は低価格でありながら容量も多いのでコスパ高めに感じますね。

しかも保湿成分が多めに含まれているので乾燥に効果的に感じるかもしれません。

ところが消炎成分・抗炎症成分が1つも含まれていないのでニキビに悩んでいる場合はお悩みに適していません。

オルビスは有効成分3種に加えて保湿成分である浸透型コラーゲンを配合しているので保湿とニキビを両立させたい方におすすめです。

オイリー肌におすすめされているプチプラニキビ化粧水:ハトムギ化粧水

オイリー肌(脂性肌)におすすめされているプチプラのハトムギエキスが主成分の化粧水ですが、オイリー肌のニキビには全く向いていないのでお金が無駄になります。

というのも、ナチュリエなどのハトムギエキスのみで作られる化粧水は、ニキビに効果がある場合のみ国から記載が許されている「医薬部外品」ではないのでニキビへの成分による働きはありません。

ニキビになりやすいオイリー肌に、意味のないハトムギの化粧水は意味がまったくなく、決して1000円以下の低価格でも購入代金が全て無駄になるので使用してはいけません。

美白におすすめされているプチプラニキビ化粧水:ハトムギ化粧水

プチプラのハトムギ系化粧水にも美白効果があるヨクイニンエキスが含まれているので美白したい方にはおすすめです。

しかし、高級アイテム並!と巷で言われているからといって過度な期待は要注意。

保湿効果も低いためシミ・シワも気になる30代・40代にはたとえプチプラでも購入はおすすめしません。

安いだけの低コスパ化粧水を選んでも結果的にお金を無駄にするだけ。

厚生労働省のお墨付きの薬用or医薬部外品の美白化粧水を選ぶことをおすすめします。

ニキビ化粧水のプチプラ:20代の詰まり毛穴におすすめの化粧水

20代の詰まり毛穴にはドラッグストアでも販売しているサリチル酸と呼ばれる成分入りのニキビ化粧水がおすすめです。

毛穴の黒ずみやつまって毛穴が目立っている時に有効な成分です。

しかし拭き取り化粧水などに多い成分なので、肌を擦って影響がでないか、サンプルやトライアルセットから始めるのがおすすめです。

正規品を買ってから肌に合わず返品となると、ドラッグストアでは対応してもらえないことが多く、結局お金が無駄になってしまいます。

インターネットや通販をメインに販売している化粧水だと返品や返金も対応してくれることがあるので利用してみてください。

ニキビ化粧水:メンズのプチプラでおすすめされている無印のオールインワン

ニキビにおすすめされている無印のオールインワン、「クリアケアオールインワンジェル」。めんどうな手間が少なくて手軽なので忙しい男性に支持されています。

大容量で低価格なので一見コスパが良く見えます。

しかし、細かく比較すると化粧水+乳液の組み合わせの方が有効成分の種類が多く、容量が多いので持ちがいいのでおすすめです。

無印のオールインワンジェルと価格を比較
オルビス 無印オールインワン
価格 2916円※ 2290円
もち/一日あたり 約60日/48円 約40日/58円
ニキビ有効成分 3種の和漢 消炎成分なし

※化粧水と保湿液の合算

オルビスは3ヶ月持つという声がありますが、人にもよると思うので少なく見積もって2ヶ月で換算しました。

オールインワンだと手間も少なく、あれこれ買わなくて良い分安くなるように感じますが、持ちと容量で計算するとそうでもないんです。

何より無印のオールインワンは薬用ではないのでニキビに効果はありません。

ニキビ化粧水:1000円以下の化粧水はコスパが良いとはいえない

ニキビ化粧水にはナチュリエスキンコンディショナーや美顔水など、ドラッグストアで買える1000円以下の商品も多く、中学生でもお小遣いの範囲で購入しやすいものもあります。

しかし、何mlのボトルで、1回あたりどれくらいの使用量で、どれくらい持つかは化粧水の浸透力や馴染むかで変わるので、一概に1000円以下の化粧水がコスパ最高!とはならないんです。

ニキビを絶対に治したいと思うのであれば、有効成分が何種類含まれているかでも効果が変わるので、悩みを解消したい人ほど比べてみるのをおすすめします。

1000円ではありませんが、オルビスクリアは1200円で3週間も試せるサンプルを販売しています。

安くて優秀と評判なのでドラッグストアのニキビ化粧水しか試したことがない方におすすめです。

おすすめされている昔からあるプチプラニキビ化粧水:資生堂ドルックス

資生堂から販売されているレトロコスメ・ドルックスの化粧水オードルックスは150mlで648円で販売しています。

1日2回使用して200mlを2ヶ月で使い切ると考えると大体1.5ヶ月分というところでしょうか。一日あたりにすると15円。一見コスパが良くみえます。

水,エタノール,PEG-30,DPG,PEG-60水添ヒマシ油,ジグリセリン,オクチルドデセス-20,クエン酸Na,メタリン酸Na,ジモルホリノピリダジノン,クエン酸,メチルパラベン,香料,赤401,青1

しかし成分を見ると保湿成分だけでニキビを治してくれる成分がありません。

こういう化粧水を購入するとあとあとニキビも治らずお金も損をすることになります。

価格も安くてコスパが良さそうと感じますが、安いお金を繰り返し使うとチリツモで結果高上がりになってしまうので要注意です。

ニキビ化粧水市販:思春期のニキビにはドラッグストアより通販がおすすめ

ドラッグストアで売っているニキビ化粧水の大体が2000円以下、安いものだと1000円を切る値段なので手軽に購入できますが、通販も視野に入れると選べる化粧水が一気に広がります。

通販のほとんどには低価格のお試しがあり、安い値段で洗顔料・化粧水・乳液の全てを試してから本品購入できること。

当サイトでも紹介しているオルビスは1200円で中学生や高校生のお小遣いの範囲でもお試しすることができます。

ドラッグストアやその他市販の化粧水は効果があるイメージがない・・・という限られたお金の範囲でニキビを治したいと思う中高生にとてもおすすめです。

ニキビと美白の化粧水:市販の高校生にもおすすめされているアクアレーベルアクネケア&美白水

ニキビと美白の化粧水として市販に売られているアクアレーベルアクネケア&美白水は、出来てしまったニキビ跡を治すにはおすすめできせん。

アクアレーベルアクネケアは200mlで1380円の販売価格です。

有効成分はビタミンC(美白)、グリチルリチン酸(ニキビ改善)なのですが、ビタミンCはこれからできるメラニンを予防するもので、出来てしまったニキビ跡には効果は望めません。

200~300円高くなりますが、オルビスには出来てしまったニキビ跡に働きかけるヨクイニンを含め、アクアレーベルアクネケアと同じグリチルリチン酸を含む3種の和漢成分が配合されています。

オルビス アクアレーベル
価格 1620円 1380円
容量 180ml 200ml
有効成分量 ヨクイニンを含む3種の和漢成分 ビタミンC・グリチルリチン酸

容量こそオルビスは20ml少ないですが、持ちが2~3ヶ月と良いのが特徴で、一日あたりにすると18円~27円になります。

高校生や中学生でニキビの予防とニキビ跡の美白を考えている場合は、オルビスがおすすめですよ。

ニキビと毛穴の化粧水・市販でおすすめされている成分:ビタミンC誘導体

初めに言ってしまうと市販にもあるビタミンC誘導体の化粧水には毛穴に作用する働きはないので価格が安くても買ってはいけません。

高校生や中学生の毛穴の黒ずみは化粧水でケアするとなると拭き取り化粧水がおすすめされますが、お肌に負担がかかりやすいので洗顔料と化粧水に分けて考えると効果的です。

特に、オルビスクリアなどの洗顔料には毛穴の汚れを取り除く以外にニキビを治す有効成分も含まれています。

ライン使いすることで全てのアイテムを通じてニキビと毛穴の黒ずみをケアしてくれます。

通販ならサンプルが1200円で3週間試せます。

ニキビ化粧水・乳液の市販:大人ニキビにおすすめされているノブ(NOV)

大人や思春期の敏感肌向けにおすすめされているノブ(NOV)のACアクティブモイスチュアミルク(乳液)は50mlで3240円で販売しています。

敏感肌用に設計された乳液ですが、実は繰り返してしまうニキビを防ぐ成分はなく、同じところにニキビができたり、同じ時期にニキビができやすい方にはおすすめできません。

敏感肌の方の保湿とニキビ予防におすすめされているオルビスクリアと比較すると価格に対してコスパが悪いのがわかりますね。

オルビスクリアモイスチャー ノブアクティブモイスチャミルク
価格 1836円 3240円
容量 50ml 50ml
保湿成分 コラーゲン・トリペプチド等6種 リビジュアなど4種
ニキビ予防成分 甘草エキス・紫根エキス・ヨクイニンエキス グリチルリチン酸

オルビスクリアモイスチャーはトライアルセットにも同封しており、公式オンラインストアから1200円(送料無料)で購入できます。

ノブよりも割安ではじめやすいですが、まずはトライアルセットでお肌との相性をみてみてくださいね。

ニキビ化粧水高校生:ドラッグストアでおすすめされているハトムギの化粧水

10代の高校生でも買える低価格のハトムギ化粧水というと、ナチュリエから販売している大容量「スキンコンディショナー」が一般的です。

500mlの大容量で702円の低価格なので高校生や中学生にも嬉しいコスパが良いニキビ化粧水と思われがちですが、実はコスパがかなり悪い部類にはいります。

スキンコンディショナーは500mlですが、使用方法をみると朝晩500円玉大を3回分使うように表示書きがあります。

500円玉大は15mlで、それを朝晩行うと約16日ほどしかもたないんです(そもそも薬用ではないのでニキビには効果は認められていませんが)。

また、成分も使用している材料がハトムギなのでニキビに良い働きをするものはグリチルリチン酸の1種のみ。

オルビスクリア スキンコンディショナー
価格 1620円 703円
持ち/1日あたり 約2~3ヶ月/18~27円 43円
有効成分 3種の抗炎症成分 1種のみ

オルビスクリアなど当サイトでおすすめしているニキビ化粧水は一見高そうに見えますが、比較してみるとハトムギのコスパの悪さがみえてきますね。

オルビスクリアは公式サイトで3週間のトライアルセットを1200円で販売しています。

ニキビ化粧水:マツキヨのマツモトキヨシポイント

ニキビ化粧水をマツキヨで購入するのはポイント還元率も低く、おすすめできません。

1ポイント1円でお買い物できますが、マツモトキヨシポイントは100円に1ポイントなので、還元率がたったの1%。

肌美精などのニキビ化粧水は1080円なのでポイントは10ポイント(10円)にしかなりません。

オルビスの公式オンラインストアの還元率は5%。

お誕生月は無条件で1000円分のポイントがもらえます。

また、年に2回特別ポイントがお買い上げに応じて1000ポイント、また3ヶ月のお買い上げに応じて500ポイントがもらえます。

オルビスクリアはマツモトキヨシでは販売していないので公式オンラインストアでの購入になりますが、トライアルセット(1200円)購入で700円分のポイントがもらえます。

安くお得にオルビスを購入してくださいね。

ニキビ化粧水:スギ薬局のs-select商品のラシェリエ

ラシェリエはスギ薬局のs-select・PB商品で、コーセーと共同開発した化粧水です。

160mlの容量で3800円と比較的高価なリキッド化粧水です。

成分が公式サイトで公表されていないので不明ですが、薬用製品ではないのでニキビや肌荒れの改善を目的として作られたものではないと言えます。

PB商品(イオンのトップバリューなどのようにその会社が出している商品)なので利益率が高い分、成分を高めていればいいですね。

ウエルシアニキビ化粧水:高校生におすすめされているオードムーゲ

オードムーゲは高校生や中学生でも低価格なので購入しやすい小林製薬から販売されて拭き取り化粧水です。

価格は160mlで970円と、安価な分類のニキビ用化粧水です。

しかしこのオードムーゲ、もちが良くてコスパ重視の高校生・中学生にはあまりおすすめできません。

拭き取り化粧水なのでコットンを使用するのですが、標準的にコットン2枚使うと大体7mlほどの使用量になります。

オードムーゲは160mlなので、朝晩使うと22日しかもちません。

一日あたり44円です。

オルビスクリアローション オードムーゲ
価格 1620円 970円
もち/1日あたり 2~3ヶ月/18~27円 22日/44円
有効成分 グリチルリチン酸を含む甘草エキス・紫根エキス・ヨクイニンエキス グリチルリチン酸のみ

一見安くて良さそうな化粧水も、こうして比較してみるとコスパが悪いのがわかりますね。

オルビスクリアシリーズは公式サイトで1200円でトライアルキットも販売しているのでおすすめですよ。

ニキビ化粧水:ツルハで販売しているカネボウリサージ

ツルハで販売しているカネボウリサージ・スキンメインテナイザーは、180mlで5800円の価格で販売しています。

リサージ・スキンメインテナイザーは化粧水と乳液を一緒にした化粧液タイプで、コラーゲンを配合して保湿力が高いのが特徴で、グリチルリチン酸も配合しているのでニキビにも有効な化粧水です。

しかし、成分で比較するとあまりコスパが良いとは言えません。

カネボウリサージ オルビスクリア
価格 5800円 3456円(化粧水+保湿液)
容量 180ml 180ml&50ml
コラーゲン
グリチルリチン酸

こうして特徴にしている成分を比較すると低価格のものでも同じ成分のものが入って安く販売している場合もあります。

ニキビ化粧水フランス:ラロッシュポゼ・エクファラkのニキビ用トライアルセット

ラロシュポゼ・エクファラのニキビ用トライアルセットは5日分で1512円で販売しています。

公式サイトからであれば送料無料で購入できるので公式サイトがお得です。

今はトライアルセットといっても3週間も低価格で試せるオルビスのようなブランドがあるので、自身の肌質に合うかしっかり見極められそうですね。

敏感肌のニキビ化粧水はドラッグストアよりも通販がおすすめ

敏感肌の方はニキビ化粧水を選ぶ時にドラッグストアに加えて通販も選択の一つに入れるのがおすすめです。

その理由は、敏感肌は化粧水の相性が他の肌質よりもシビアで、相性が悪いと購入代金が無駄になってしまうからです。

敏感肌であればあるほどトライアルセットなどで自分の肌に合うか確かめたいところですが、ドラッグストアにある化粧水のうち、トライアルセットがあるものはごく一部に限られます。

返品も原則、ドラッグストアではできません。

通販であれば、ドラッグストアでは販売していないもののトライアルセットを選択肢に入れられるので、幅が広がります。

送料も無料のところが多く、公式サイトなどであればポイントもたまるので参考にしてみてください。

ニキビ化粧水:プラザ・ソニープラザはオンラインストアでも購入できます

プラザやソニープラザは店舗もありますが、通販サイトの公式オンラインストアもあります。

人気なのはラロッシュポゼエクファラHやN organicモイスチュア&バランシングローションなどのようです。

しかしプラザの公式オンラインストアは送料が高く、最低でも648円から、最大で1728円かかってしまいます。

当サイトで紹介しているオルビスも取扱はありませんので、送料無料でポイントがつく公式オンラインサイトで購入するのがよさそうです。

ロフトのニキビ化粧水は安いわけではない

ロフトではニキビにも良い化粧水が種類豊富に取り扱っていますが、安いわけではありません。

アクセーヌやトゥルーネイチャーの薬用EXインナーローション、Dr.シーラボ、クリニークなど種類が多くて選ぶことができますが、ロフトは基本定価なので安くはありません。

ロフトの通販サイトであれば1ポイント1円のロフトオンラインポイントが付きますが、還元率が1%なので1万円使ってやっと100ポイント貯まる程度です。

オルビス公式サイトならトライアルセットを購入しても700円分のポイントが付くので、購入するのであればやっぱり公式サイトがお得ですね。

ニキビ化粧水:ドンキホーテの驚安の化粧水

ドンキホーテではニキビの化粧水各種が驚安の価格で販売しています。

人気なのはボタニカル化粧水のプラチナレーベルや、ビオリカ、その他にもドラッグストアで販売しているハトムギ化粧水や美顔水、アクアレーベルなどの取扱があるようです。

一般的に2割から安いもので9割引などの商品もあるので安さだけで言ったらドンキで購入するのも良いかもしれません。

しかしそこまで安くできても利益が出せるということは、もしかしたらそこまで成分にこだわっていない低コスパ商品の可能性もあるので注意しましょう。

100均(ダイソーやセリア)のニキビ化粧水

100均のダイソーやセリア、キャンドゥやシルクでも化粧水を販売しています。

ダイソー薬用アクネクリアローションや酒のしずく、アロエ化粧水、ハトムギ化粧水、絹肌物語、豆乳イソフラボン化粧水、アクネモイストジェルなどが販売されているようです。

全て108円ではなく、中には324円の商品もあるようです。

オンラインストアはありません。

【ニキビ化粧水/安価】デパコスのおすすめされている化粧水は優秀とはいえない

まずはじめに、デパコスの化粧水は見た目の美しさを保つのを目的としているので、ニキビ専用に作っているわけではないため費用対効果は低めです。

デパコスの化粧水は価格が高く、化粧水だけで数万円するものも数多くあります。

また、20代の7500円以上のスキンケア商品を使っている女性の割合は全体の0.5%しかいません。

大人ニキビのケアにデパコスを使うのも良いですが、お肌のために継続性も重視してニキビケアしていきましょう。

ニキビ化粧水のコスパ:デパコスの注意点

デパコスののニキビ化粧水はもっともコスパが悪いといっても間違いではありません。

デパコスの化粧水全般が高価な理由はテナント代とモデルを起用した広告費をカバーするものなので、純粋に良い成分が含まれているからとは言えません。

さらにドラッグストアにはない専門相談員の人件費などが加わると高級な価格にならざるを得ないのです。

高い化粧水が意味ないわけではないですが、値段だけで判断せず、中身で検討したいですね。

ニキビの拭き取り化粧水:大人ニキビおすすめされているクリニーク

デパコスに分類されるクリニークの化粧水・クラリファイングローションは拭き取り化粧水タイプの化粧水です。

有効成分でオルビスと比較してみると、意外と価格に見合わないものでした。

オルビスクリアローション クリニーク
価格 1620円 3672円
容量 180ml 200ml
保湿成分 グリセリン・コラーゲン・BG・ソルビット液・POE グリセリン・ヒアルロン酸・BG・トレハロース・アセチルグルコサミン
ニキビ改善成分 甘草エキス・紫根エキス・ヨクイニンエキス・ローズマリーエキス ハマメリス

種類はことなるものの、保湿成分はオルビス・クリニークともに同じ数の成分を配合していました。

目立って特徴があるのが、ニキビ改善成分がオルビスクリアローションの方が多いことです。

オルビスはニキビ改善のために作られているので、当たり前といえば当たり前の結果ですね。

ipsa化粧水ニキビ:イプサ・メタボライザー

イプサの化粧水は17種類のタイプからニキビなどの自身の肌質に合うものを選ぶ形になっています。

価格は5500円~7500円と高価で、必ず6週間(1ヶ月半)で使い切るように指示されます。

アクアプレゼンターという成分が特徴の化粧水ですが、保湿メインなのでニキビに対する抗炎症成分は配合されていません。

年間コストも約5万円~6万円の費用がかかるので、ニキビを治す・予防することを目的とするならば選び方を変えたほうがよさそうです。

【ニキビ化粧水/安価】化粧水は返金保証キャンペーンでお得に試すのがおすすめ

ニキビ化粧水は肌質が人によって変わるため、できれば返金してくれる返金保証があるニキビ化粧水を選ぶのがおすすめです。

返金保証を行っているニキビ化粧水は通販がメインで販売している会社が多い傾向にあります。

市販だと自分のお肌に合わなかったら全てお金が無駄になってしまいます。

とは言え通販と言っても楽天やamazonでは返金保証は受けられることが少ないので、化粧品の公式通販で購入するのがポイントです。

オルビスなども30日間の返金保証を設けているので、こうしたキャンペーンを実施しているところのほうがおすすめです。

ニキビ化粧水はトライアルセットでまず試すのがおすすめ

ニキビ化粧水はトライアルセットから始めるのが一番大切です。

フルボトルを買うと肌に合わなければ購入代金が全て無駄になってしまいます。

低価格のサンプルやお試しがあればまずそれからお肌との相性を確かめましょう。

オルビス薬用クリアは3週間体験セットで1200円と標準のものより低価格などで、始める場合はこちらがおすすめです。

【ニキビ化粧水/安価】ニキビ化粧水は通販がおすすめの理由

ニキビ化粧水は圧倒的に通販がおすすめです。

通販をメインに販売している会社はお店に卸しているものとは異なり、店舗に商品の利益を差し引かれない分、希少価値の高い成分や量を多く配合することができます。

とはいっても市販で販売しているものを通販で購入しても意味は全く無いので、オルビスなどの通販メインの会社を選ぶようにしましょう。

いくら市販のものが楽天やアマゾン、ベルメゾンネット、yahoo!ショッピングや価格.com、wowmaなどで安くても、意味はありません。

低品質のものを安く入手してもコスパが悪いだけなので、公式ネットショッピングサイトがある通販メインの化粧品会社を狙うようにしましょう。

ニキビ化粧水を楽天で比較

オルビスの楽天と公式サイトの値段を比較しました。

楽天 公式サイト
価格 1296円 1296円
送料 648円 無料
合計 1944円 1296円
ポイント付与 不明 700P
実質金額 1944円 596円

楽天の最安値販売店のポイント付与は表記がなく不明でした。

楽天だと公式サイトでは本来無料の送料648円がプラスになります。

あす楽翌日お届けにも対応していないので楽天には全くメリットはありません。

ニキビ化粧水:amazonで比較

オルビスのamazonと公式の価格比較をすると以下になりました。

amazon 公式
価格 1296円 1296円
送料 400~440円 無料
合計 1696~1736円 1296円
ポイント付与 12P 700P
実質金額 約1700円 596円

amazonと公式サイトを比較しても圧倒的に公式の方がお得です。

ニキビ化粧水の海外通販は使わない方が良い

ニキビの化粧水を気軽に海外通販できるようになってきましたが、実際にはお得に手に入れられるわけではないのが実情です。

日本で販売していないものを輸入するのでその分の手数料を商品代金に上乗せされていたり、購入時の手数料を別途運営事務局から請求されたりします。

送料も高く、お肌トラブルに巻き込まれても返金などの保証はありません。

国内メーカーのあたり前が、海外通販ではほぼ受けることができないのでお肌に直接塗る化粧水はおすすめしません。

バイマでニキビの化粧水の通販はおすすめしない

バイマは個人バイヤーが販売するものを購入する方式ですが、化粧品を購入する側も手数料を取られる仕組みになっています。

2000円のものを購入すると5.4%の108円の手数料が発生します。

また、肌に合わなかったなどの理由では返品は受けられないので購入代金がまるまる損する可能性もあるので、バイマはあまりおすすめできません。

アイハーブでニキビ対策化粧水を個人輸入するのはおすすめしない

アイハーブは個人輸入が簡単にできるサービスですが、ニキビ化粧水はアイハーブで購入するのはおすすめできません。

というのも、購入金額に応じて関税が別途かけられる仕組みになっているので商品代金以外にかかるお金が多いのです。

例外ではありますが、ものによっては50%を超える関税を徴収されてしまうものもあります。

送料は40ドル以上で無料になりますが、それ以下だと3ドル~8ドルほど別途必要になります。

自分の肌質に合うかわからないニキビ化粧水をアイハーブで購入するのはリスクが高いのでおすすめではありません。

投稿日:

Copyright© 【ニキビ化粧水/大人用ランキング】市販の化粧水を選ぶ前に , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.