【大人ニキビ化粧水/薬局】プチプラで買えるニキビ化粧水

ドラッグストア買える大人ニキビ化粧水

薬局の化粧水は大人ニキビ専用以外のものがほとんどです。

大人ニキビだけに限定してしまうとそれ以外の人に売なくなり、お店の売上が伸びないからです。

また薬局のプチプラ化粧水は商品開発予算も価格とともに少なくなるので、大人ニキビ改善に必要な成分と予防の成分の両立が難しくなります。

薬局にはほとんどないですが、大人ニキビ専用ブランドから選ぶと費用対効果が高いです。

しっかり実感しながら大人ニキビを改善・予防したい方におすすめです^^

大人ニキビ化粧水ランキング人気のニキビ化粧水はこちら

【大人ニキビ化粧水/薬局】薬局のプチプラニキビ化粧水の選び方

大人ニキビ化粧水を薬局やドラッグストアなどで購入するときの選び方は、大人ニキビに効果的な成分が含まれているかで判断してみてください。

大人ニキビを改善するためには抗炎症成分が効果的です。

予防には持続しやすい保湿成分を含むニキビ化粧水が効果的です。

 

ニキビ化粧水は1種類で複数の役割をもつ成分があります。

ニキビ改善と肌の健康状態を高めるなど相乗効果がある成分を選ぶのがポイントです。

 

保湿力があるかどうかは、より肌の奥に浸透する成分かどうかがポイントです。

いつもの化粧水では乾燥しやすい方は重視してみてください。

 

具体的な選び方は以下になります。

薬局のニキビ化粧水の選び方1:抗炎症成分

プチプラ化粧水でも含まれていることが多い代表的な抗炎症成分は、グリチルリチン酸、アセチルヒドロプロリン、トラネキサム酸などが挙げられます。

その中でも重視すべきはグリチルリチン酸です。

グリチルリチン酸は抗炎症成分以外に4つの働きがある成分です。

1種類で5つの役割があるのでグリチルリチン酸配合のプチプラの化粧水を選ぶほうがコスパが良いと言えます。

他の抗炎症成分だと効果の範囲が2~4種類なので相乗効果は弱いと思います。

このように、薬局の化粧水で大人のニキビをすぐ治したい場合はグリチルリチン酸を選ぶようにしてみてください。

薬局のニキビ化粧水の選び方2:保湿力

薬局の大人ニキビ化粧水選びのもう一つのポイントは保湿力です。

予防には保湿力が求められるので、保湿成分が重要になります。

一般的にコラーゲンやヒアルロン酸・セラミドなどが良いとされていますね。

 

保湿力のポイントは保湿成分が低分子化されているかです。

低分子化というのは画像にあるように分子構造を細かくした状態をいいます。

 

低分子化されていないお手頃のものをたくさん塗っても、浸透しないので結局無駄金になってしまいます。

 

表記は「ナノ○○」、「○○トリペプチド」・「浸透型○○」とされていることが多いです。

 

この2つ軸で薬局の化粧水を選ぶことが大人ニキビ改善・予防のために大切です。

大人ニキビ化粧水ランキング人気のニキビ化粧水はこちら

【大人ニキビ化粧水/薬局】薬局で買えるニキビ化粧水のおすすめされている商品

薬局の大人ニキビ化粧水のおすすめされている商品についてまとめました。

大人ニキビに効果的と言われているものを中心に、プライスと成分の視点から厳し目でみていきます。

ドラッグストアの大人ニキビ化粧水・プチプラランキング

ドラッグストアでランキングされているプチプラ大人ニキビ化粧水を調べました。

評価の基準は大人ニキビの沈静化に求められる「グリチルリチン酸」の有無と予防のための「保湿成分」です。

化粧水裏の表示書きをやパッケージを調査しました。

すると他でニキビに良いとおすすめされている化粧水は、「大人ニキビ」には向いていないものも多くありました。

プチプラ順にご紹介します。

ナチュリエ・ハトムギ化粧水

1つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はナチュリエ・ハトムギ化粧水です。

税込702円で容量が500mlというニキビ化粧水の中でも値段に対して量が多い化粧水です。

引用:イミュ株式会社

表示書きを見るとグリチルリチン酸が書かれています。

成分表示書きだけをみれば大人ニキビに効きそうな感じがしますね。

 

しかしハトムギ化粧水は厚生省が特定の症状の改善するとして販売を許可する「薬用化粧水」ではありません。

過度な効果を期待するべきではありません。

ニキビがなくなってからの美観維持程度にとどめておいたほうががっかりしないと思います。

 

また、量をつけないと保湿力がない商品です。

500円玉大を3回以上使うのでかなり減りが早いです。

つまりそれだけ保湿力がないことの裏返しなので大人ニキビ予防にも向いてないです。

何度も何度もつける面倒さもあるのでわざわざ選ぶ必要もないと思います。

 

成分自体も保湿力は最低の部類に入る化粧水です。

というのも一般的な保湿成分である「ハトムギエキス」1種類しか含まれていないからです。

パッケージにさっぱりタイプと表現されていることからも、保湿をメインに作っているわけではなさそうです。

 

優れた保湿成分を入れることが予算的に難しいのかもしれません。

大人ニキビを改善・予防するためにこのような化粧水は間違っても選びたくないですね。

オルビスのような少量でもしっかり保湿できる・グリチルリチン酸を配合した化粧水を選ぶべきです。

 

小林製薬 オードムーゲ ローション

2つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はオードムーゲです。

オードムーゲは160mlが970円、500mlが2600円で販売されているニキビ化粧水です。

引用:小林製薬公式HP

グリチルリチン酸を配合しているので治す働きがあるといえます。

 

ですがオードムーゲには保湿に特化した成分が含まれていません。

 

表示が気にグリセリンがありますがベース成分といって化粧水をなすために必要な成分なだけで保湿できるわけではないです。

浸透力を高める処方や製法がされていません。

つまりオードムーゲは大人ニキビの予防に向いていないということです。

 

普段から肌の乾燥を感じている場合は選ぶべきではありませんね。

 

今ある大人ニキビを改善するためならメリットはあるかもしれません。

しかし予防には向いていないので割り切って使うのが良いと思います。

 

肌美精 大人のニキビ対策 美白化粧水

3つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水は肌美精です。

ドラッグストアでは1035円(税込)です。

引用:クラシエHP

肌美精にもグリチルリチン酸が配合されています。

美白化粧水なのでシミ・ソバカスに向いているビタミンCが配合されています。

同時進行でこれらの悩みを対策したい方に向いていると思います。

 

肌美精には保湿成分のコラーゲンが含まれているのがわかりますね。

コラーゲンはお肌の真皮層という内側の水分保持に大切な成分。

しかし一時的な乾燥には良いかもしれませんが、普段から乾燥に悩まされている方には物足りなさが残る可能性があります。

 

というのも、肌美精のコラーゲンは浸透しにくい高分子(分子が大きい)タイプだからです。

一時的な保湿はできますが、時間の経過とともに保湿力が失われていくかもしれません。

 

なので、普段からザラザラと肌が乾燥しがちな方や、つっぱるようなカラカラ感を感じている肌質の方には向いてないかもしれません。

もし乾燥が悩みの方はオルビスクリアのように浸透型コラーゲンが含まれているとより保湿向きなのでおすすめですよ。

 

資生堂アクアレーベルアクネケア&美白水

4つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はアクアレーベルです。

ドラッグストア価格は1400円です。

引用:cosmetic-info.jp

参考:資生堂公式HP

アクアレーベルアクネケアも美白成分を含んでいるので、ニキビ以外にシミソバカスなどが気になる方には良いかもしれません。

 

保湿成分をみると水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Naの2種が含まれています。

比較的保湿力があるニキビ化粧水と言えます。

 

コラーゲン・ヒアルロン酸どちらもお肌の角層を潤すために必要な成分です。

乾燥を気にしている人には必要な成分が含まれている部類に入るニキビ化粧水ですね。

 

しかし持続面で考えると低分子化(より肌に入り込んで保湿する働き)がなされていません。

つけた時は潤うかもしれませんが時間の経過とともに水分が失われるかもしれません。

 

肌の内部が乾燥している場合は少し物足りなさを感じるかもしれません。

シミやソバカス用途として割り切って使うならアクアレーベルでもよいかもしれませんね。

 

 

ファンケルアクネケアローション

5つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はファンケルアクネケアローションです。

ドラッグストア価格は1620円で30mlです。

引用:cosmetic-info.jp

参考:ファンケル公式ページ

グリチルリチン酸を始めとして数種類の草花エキスが配合されているのが特徴です。

今すぐ炎症を食い止めたい方ですぐ薬局で手に入れたいという方におすすめです。

 

ファンケルアクネケアローションにはスクワランやグリセリンが含まれています。

基本的な保湿成分は配合しているので普通肌や一時的な乾燥にはよいかもしれません。

 

しかしオルビスのような独自の精製・製法で高めた保湿成分はないようです。

なので長時間保湿をキープしたい、肌の奥までしっかり保湿したい方にとっては物足りないと思います。

 

また成分の種類がとてつもなく多いのでつけ心地が想像しにくいですね。

失敗したくない・余計な出費を抑えたい、という方には冒険しない方がよいですよ、と伝えたい化粧水ですね。

 

 

ルナメアACスキンコンディショナー

 

6つ目のドラッグストアのプチプラニキビ化粧水はルナメアです。

引用:ルナメアAC公式ページ

ルナメアは大人ニキビに効くと言っても良いと思います。

というのも、グリチルレチン酸ステアリルが配合しているからです。

グリチルレチン酸ステアリルは簡単に言うと大人ニキビに効果的なグリチルリチン酸をさらに低分子にして肌に入り込みやすくしたものです。

より治るちからを助けてくれる大人ニキビ化粧水だと思います。

 

一方保湿成分は、グリセリンがメインで他には細かい植物エキスが複数含まれているといったところです。

成分名で表示されていないので、あくまで植物エキスの中に含まれる数種類のうちの1つに保湿成分があるといった感じです。

他のニキビ化粧水よりも保湿効果はあると思いますが、乾燥を気にする方には物足りなさを感じることも考えられます。

外出が多い方や乾燥した部屋に長時間お仕事する方などは向いてないと思います。

 

加えてドラッグストアでの価格は2376円と若干高価な部類に入ると思います。

この価格帯なら保湿力に優れたナノ化保湿成分なども含まれていてほしいです。

 

選んでいけないことはないので大人ニキビを治すことに着目するならおすすめな化粧水です。

大人ニキビ化粧水ランキング人気のニキビ化粧水はこちら

 

番外編

ノブaアクネローション

番外編のドラッグストア化粧水はノブAです。

引用:常磐薬品公式HP

あえてノブaを挙げたのは、選んでも無駄になる可能性がある化粧水として知っておくと失敗を避けることができるからです。

グリチルリチン酸の代わりに同様の効果が期待できるアラントインが配合されています。

大人ニキビを治すには良い化粧水なんですが、保湿がよくありません。

 

ノブaの保湿成分はベース成分(どの化粧水にも含まれている成分)以外有効な保湿成分はみられません。

使い心地はさっぱり系になるので、保湿にすぐれているとは言えません。

浸透力を高める処方もなされていません。

 

使い心地的には普通からさっぱりタイプだと思います。

大人ニキビの予防に大切なお肌の保湿が不十分になりがちなので、このような化粧水はおすすめできません。

 

無印クリアケア

引用:無印良品公式サイト

無印のクリアケアはどの化粧水にも含まれている保湿ベース成分に加えてリピジュアという保湿成分を配合しています。

リピジュアは日油株式会社が開発した高保湿成分で、保湿に優れているヒアルロン酸の2倍の保湿力があると言われています。

 

涙に含まれるリン脂質という体に存在する保湿成分と似ており、より高分子化されているので浸透率があります。

また、普通の保湿成分はスキンケアで洗い落ちてしまいますが、リピジュアは肌に留まって潤いをキープしてくれます。

使い心地はしっとりしているので乾燥が気になる大人ニキビに向いていると思います。

 

しかし、クリアケアには大人ニキビを治す成分が配合されていません。

はっきりいって治す化粧水ではないので、大人ニキビが改善した後の美観維持として使わないとがっかりすると思います。

 

 

大人ニキビは治すと予防を2軸でアプローチしていかないと治っては出来てを繰り返してしまいます。

グリチルリチン酸と保湿成分、できれば浸透力が高い製法・処方がなされている化粧水を選んでくださいね。

 

まとめ

ドラッグストアのプチプラニキビ化粧水を調査しましたがニキビを治すことができても予防に向いていない、またはその逆の化粧水が多い印象でした。

 

すぐ購入できて手頃なのは薬局・ドラッグストアの化粧水のメリットです。

しかし中身は「大人ニキビに向いている」程度で「大人ニキビ用に設計」されたものではありません。

 

ドラッグストアの化粧水は大衆向けのものが多いので一部に特化したした製品は好まれない傾向にあります。

 

手頃を取るか、大人ニキビ特化したものを取るか、人それぞれですが一般的な化粧水との違いを実感したい場合は、大人ニキビに特化した化粧水を選ぶのがおすすめです。

 

おすすめしたい化粧水

この化粧水はドラッグストアには並んでいない化粧水です。

他のものとの違いは、大人ニキビ改善・予防に設計された専用化粧水です。

引用:オルビスクリア公式サイト

大人ニキビの沈静化に必要なグリチルリチン酸を有効成分として配合しています。

 

特徴的な保湿成分はヨクイニンエキス、コラーゲンです。

ヨクイニンは角質層を潤す有効成分で、表面をしっかり潤いの膜で覆って乾燥から防いでくれます。

コラーゲンは肌内部の乾燥を予防する有効成分です。

 

これまで紹介した化粧水との違いは保湿力にあります。

コラーゲンは一般的なものではなく低分子化した浸透力が高いコラーゲン・トリペプチドを使用しています。

コラーゲン・トリペプチドはコラーゲンの分子をより細かくして肌の奥まで届きやすくした成分です。

角質層を潤すだけでなく、より肌の奥まで浸透して肌本来の水分量を高めてくれます。

加齢によって普通の化粧水では乾燥が気になる、一度保湿したらキープできる化粧水がほしいという方でも実感力が高いといえます。

 

大人ニキビ専用設計なのでニキビの改善と保湿による予防の両立できる成分構成になっているのがわかりますね。

大人ニキビを改善するならこのような化粧水を選ぶのがおすすめです。

大人ニキビ化粧水ランキング人気のニキビ化粧水はこちら

参考:大人ニキビ化粧水ランキング

 

【大人ニキビ化粧水/薬局】プチプラのニキビ化粧水を成分比較

ランキングで紹介した薬局・ドラッグストアの大人ニキビの化粧水を比較しました。

大人ニキビを対策・予防するには保湿成分がポイントになります。

化粧水はさっぱりしっとりタイプがありますが基本的に保湿のためにするものです。

なので保湿成分は基本的にどの化粧水にも含まれています。

大事なのはより浸透力がある保湿成分が配合されているかどうかです。

また、できるだけ持ちが良い化粧水のほうがお財布に優しいいですよね。

大容量だからといって実はもちが良くない化粧水もあるので注意したほうが良いです。

薬局のニキビ化粧水の保湿成分を比較

ランキングで紹介した薬局の大人ニキビ化粧水の保湿成分を比較しました。

浸透力がある保湿成分が含まれていなければ効果的に大人ニキビを予防することができません。

浸透力がある保湿成分を一覧で比較してみました。

商品名 ナノ化保湿成分
ハトムギ化粧水 なし
オードムーゲ なし
肌美精 なし
アクアレーベル なし
ファンケルアクネケアローション なし
ルナメアACスキンコンディショナー なし
オルビスクリアローション 浸透型コラーゲンペプチド

薬局で販売している化粧水はプチプラの低価格化粧水が多いです。

特殊な処方はコストオーバーの関係から配合されないことが多いです。

薬局の化粧水はその場しのぎくらいに考えておくのがよいのではないでしょうか。

薬局のニキビ化粧水には保湿力を求めないほうが良い

保湿力を高める処方にするには資金が必要になるので薬局のニキビ化粧水には期待してはいけません。

薬局に買いに来る人は手頃なものを求めています。

低価格だとコスト面で特別な有効成分を含めることはできなくなります。

薬局の化粧水は手頃なものが中心なので保湿力を高める処方を求めるのは間違っていると思います。

プチプラ化粧水のもちを比較

内容量 もち
ハトムギ化粧水 500ml 約33日分
オードムーゲ 160ml 約32日分
肌美精 200ml 約40日分
アクアレーベル 200ml 約40日分
ファンケルアクネケアローション 30ml 約30日分※1
ルナメアACスキンコンディショナー 120ml 約24日分
オルビスクリアローション 180ml 約40~60日分

薬局の大人ニキビ化粧水のもちは意外とよくないものばかりです。

もちがよくないと何回も買い足さなければいけなくなります。

せめて1ヶ月以上は持つものが良いです。

持ちを気にして少ない量で保湿しても効果的ではありません。

保湿力があるものほど少ない容量でも長持ちする傾向にあります。

少量でも保湿力がある化粧水は比較して持ちが良い

保湿力が高ければ何度もつける必要がなくなるので持ちが比較的よくなります。

例えばハトムギ化粧水は500円玉1枚分を3回もつけることを推奨しています。

対してオルビスは1回あたりティースプーン1杯で十分です。

少量でもしっかり保湿できる保湿力がある成分がはいっているからこその持ちですね。

薬局のニキビ化粧水は保湿力が低い成分ばかりなのでもちが比較して悪くなってしまうんです。

大容量でも浸透力が低いと比較的持ちが良くない

大容量だからといって保湿力がないとすぐなくなります。

500mlと250mlの化粧水の2つの化粧水があっても、250mlの容量の化粧水の使う量が500mlに比べて2分の1であれば、持ちは同じになります。

大容量だとなんとなく長持ちしてお得感がでますが、大切なのは何日もつかで化粧水を選ぶことなんです。

そして持ちが良い化粧水のほとんどが浸透力・保湿力に優れた化粧水です。

薬局に売っている量が多い化粧水は実際には有効成分がほぼ含まれてなく、水増しされたような化粧水もあります。

大人ニキビをしっかり改善したいのであれば、大容量を比較項目にして考えないほうがよいですよ。

薬局の大人ニキビ化粧水の価格を比較

商品名 価格
ハトムギ化粧水 702円
オードムーゲ 970円
肌美精 1200円
アクアレーベル 1400円
ファンケルアクネケアローション 1620円
ルナメアACスキンコンディショナー 2376円
オルビスクリアローション 1620円

薬局で売っているニキビ化粧水の比較的プチプラのものだけをピックアップ。

価格だけ言えばハトムギ化粧水はロープライスで手頃といえます。

大人ニキビ化粧水ランキング人気のニキビ化粧水はこちら

【大人ニキビ化粧水/薬局】ニキビに効く薬局で買える化粧水

ニキビには思春期ニキビ、大人ニキビ、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄ニキビ、紫ニキビなど種類があります。

それぞれによって向いている化粧水が変わります。

値段だけでニキビ化粧水を決めてしまうと効果ないなどの失敗になるので注意しましょう。

おすすめされているニキビ化粧水を中心に注意点を解説します。

大人の顎ニキビを予防するドラッグストアの化粧水

大人の顎ニキビを予防する化粧水はドラッグストアのものはおすすめしません。

 

 

薬局の思春期ニキビのプチプラ化粧水

思春期ニキビに薬局のプチプラニキビ化粧水はおすすめしません。

値段や成分に特徴が多いは思春期ニキビだけでなく、思春期という自分でお金を稼いでないときに購入すること自体デメリットが多いです。

思春期ニキビに化粧水がどうしてだめなのかは、経済的な負担、継続性、肌が慣れるの3つがあります。

 

経済的な負担

化粧水は基本的に高額です。

相場はだいたい5000円以上、2万円未満といった感じです。

13~15歳のお小遣い相場の平均は2000円~4000円といったところです。

16~18歳は少し上がり3000円~約5000円です。

学生は遊びに使うお金も必要だと思います。

そのお金をすべて化粧水に使ってしまうと友達付き合いに支障をきたすことになりかねません。

人間関係トラブルになったりニキビ化粧水のせいで余計ストレスになりかねないので、思春期の方が使うのは注意したほうが良いと思います。

継続できなければ肌質が変わらない

化粧水を使ったからと言って劇的な変化はありません。

化粧水の目的は継続的に使用することで肌質を徐々に変えていくことにあります。

1クール使っただけでは見違えるような効果は望めないので注意が必要です。

化粧水も相場は5000円以上することが多いです。

6ヶ月使ったら最低でも3万円、12ヶ月使ったら6万円の出費になります。

このような化粧水が絶対にだめというわけではありませんが、他に選択肢を考えたほうが良いと思います。

慣れてしまう

若い肌に良い化粧水を使い続けると肌が慣れてしまうことがあるので注意が必要です。

思春期の肌はまだ発育途上です。

肌に良い成分を惜しみなく配合した化粧水を使い続けると肌がそれに慣れてしまう可能性があります。

そうなると手頃なニキビ化粧水に変えたときに逆にニキビが起きたり、乾燥を招いたりすることがあります。

肌を若いうちから甘やかせてしまうと年齢を重ねたときに満足できなくなります。

思春期のうちは高すぎる化粧水を使用せずにできるだけ年代に合った化粧水を使ったほうが良いと思います。

大人ニキビ化粧水薬局:大人ニキビにオードムーゲの注意点

大人ニキビにオードムーゲは注意点が多いです。

オードムーゲはニキビ化粧水ですが拭き取りタイプです。

拭き取り化粧水というのはお肌を保湿する目的として使われるものではありません。

お肌の保湿を重視するべき大人ニキビにオードムーゲを使用すると、保湿に余計なコストがかかったり、乾燥を招いてしまったり、肌質によってはニキビの原因になる可能性があります。

保湿成分が少ないので乾燥を招く

オードムーゲの保湿成分はグリセリンのみです。

グリセリンはもともと保湿成分として配合されているものではありません。

ベース成分と言って化粧水を化粧水として成り立たせるためのものです。

保湿成分があると勘違いして使ってしまうと乾燥しやすさにびっくりすると思います。

乾燥が更に大人ニキビを悪化させてしまうことになるので、大人ニキビに合わないオードムーゲは避けたほうが良いと思います。

余計なコストがかかる

オードムーゲを大人ニキビにつかってしまうと保湿効果が全く無いので保湿効果のある化粧水を買い足すことになります。

オードムーゲは約1000円するのでその分の金額と買い足すことになってしまった化粧水分コストが余計にかかることになります。

はっきりいって効果がなくて余計なコストがかかるオードムーゲを選ぶ理由はないとおもいます。

薬局のプチプラ大人白ニキビ化粧水

白ニキビに薬局の大人ニキビ化粧水・threeの化粧水はおすすめできません。

threeの化粧水を白ニキビに使っても原因になっている角質に働きかける成分がなく改善することができないからです。

threeの化粧水は化粧水のなかでも効果な部類に入るのでお金をまるまる無駄にするようなものです。

肌に合わなかったときのリスクを考えると注意が必要です。

角質を柔らかくしてくれる成分がない

threeの化粧水には角質を柔らかくしてくれる成分は配合されていません。

水、プロパンジオール、BG、リンゴ果実水、エタノール、チシマザサ水、グリセリン、ローズマリー葉油、ニュウコウジュ油、ビャクダン油、ベルガモット果実油、マヨラナ葉油、ゲッケイジュ葉水、ヘチマエキス、ニオイテンジクアオイ水、キュウリ果実エキス、ツルレイシ果実エキス、クエン酸、エチルヘキシルグリセリン、コハク酸ジエトキシエチル、キサンタンガム、イソセテス-30、クエン酸Na、ラウリン酸スクロース、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ペンテト酸5Na、フェノキシエタノール

引用:three公式サイト

白ニキビは毛穴を塞いでいる角質を除去することから始めなければいけません。

threeにはこの角質を除去する成分は見当たりません。

成分が豊富ですが白ニキビへの効果的な成分はないのでおすすめできません。

価格が高く量が少ない

threeの化粧水は5800円+税で容量は140mlと極めて少量です。

1回あたり2~3プッシュなので1プッシュ1mlだとすると3プッシュで3mlです。

1日あたり2回使うと6mlです。

140mlなのでだいたい23日しかもたない計算になります。

1ヶ月も持たないので多い月で1ヶ月1万1600円の出費になります。

人によると思いますが、白ニキビに効果がないのに1万円以上使うのはどうなのでしょう?

オンラインショップでしか買えない

threeはオンラインショップのみの購入になるので事前に試せません。

返金保証はないようなので白ニキビに効果がなかった・肌に合わなかったなどの理由では返品ができません。

当然購入代金はすべて自己負担になるので5000円以上損するような計算になります。

threeはサンプルもなく、購入後のリスクが大きいのが注意点です。

薬局の毛穴の黒ニキビへの化粧水

薬局の毛穴の黒ニキビへの化粧水でおすすめしないのはリッツの化粧水です。

黒ニキビをリッツで改善したいと思っているならあまりおすすめできません。

リッツは黒ニキビを始めとして、ニキビ全般を治す化粧水ではありません。

保湿をメインとした「化粧品」に分類されるものなので、見た目の美観を維持するためのものです。

黒ニキビ対策にはならないのでおすすめはできません。

抗酸化成分が配合されていない

リッツの化粧水には有効な抗酸化成分が含まれていません。

水、BG、グリセリン、ベタイン、ペンチレングリコール、リンゴ果実培養細胞エキス、コンフリーカルス培養エキス、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、エクトイン、セラミドNP、セラミドNG、セラミドAP、水溶性プロテオグリカン、ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12、アーチチョーク葉エキス、システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン、クダモノトケイソウ果実エキス、ザクロ果実エキス、グルコシルヘスペリジン、オタネニンジン根エキス、ヒアルロン酸PG、水添レシチン、水溶性コラーゲンクロスポリマー、レシチン、キサンタンガム、イソマルト、金、ヒアルロン酸Na、アルギニン、リシンHCl、ヒスチジンHCl、カラスムギ穀粒エキス、エチルヘキシルグリセリン、PVP、ヒドロキシエチルセルロース、グリコシルトレハロース、ジイソステアリン酸ポリグリセリル-10、スクワラン、プロパンジオール、加水分解水添デンプン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、トリエチルヘキサノイン、クエン酸Na、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、水酸化K、カルボマー、クエン酸、トコフェロール、タウリン、ダイズステロール、グルタミン酸、グリシン、ロイシン、バリン、セリン、トレオニン、アスパラギン酸Na、イソロイシン、アラニン、セルロースガム、アラントイン、フェニルアラニン、プロリン、炭酸水素Na、アルギン酸Na、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、キトサン、セテアリルグルコシド、ポリ-γ-グルタミン酸Na、フェノキシエタノール

引用:リッツ公式サイト

黒ニキビは毛穴が詰まって中で皮脂が酸化した状態です。

黒ニキビを改善・予防するには皮脂を酸化させない抗酸化成分が含まれていることが必須です。

しかしリッツの化粧水は抗酸化成分は配合されていません。

皮脂の参加を抗酸化成分で食い止めることができないため、黒ニキビになるのを食い止めたり緩和させることはできません。

黒ニキビを改善したい場合はリッツのような化粧水ではなくビタミンCなどの化粧水が配合されている方が良いと思います。

ピーリング成分が配合されていない

黒ニキビを改善するには毛穴の中で皮脂をつまらせている角質を除去してあげなければいけません。

リッツの化粧水には保湿力を中心とした処方で不要な角質を除去してくれる成分はありません。

黒ニキビを消すための成分がないのでリッツを使っても効果はありません。

できればサリチル酸などの角質除去成分が含まれている化粧水を選んでください。

持たないのでコストが掛かる

リッツの化粧水は150mlで、1日あたり5ml使います。

金額は約1500円ですが基本的に持ちは30日くらいの計算になるので持ちが良いとは言えません。

乾燥が気になるところに使えばさらにもちは悪くなります。

そもそもで黒ニキビに効果はないので使う理由はないと言えます。

できればリッツ以外の化粧水で黒ニキビを改善したほうがデメリットにならないと思います。

薬局の大人赤ニキビの化粧水

赤ニキビを対策するにはいち早く炎症を鎮めることができる成分が必要ですが、無印のクリアケア化粧水には炎症を鎮める成分が全く入っていないので選んではいけません。

クリアケア化粧水のメイン成分は保湿成分なので、ニキビを改善するための成分や金額に見合う効果を期待すると失敗します。

無印のクリアケア化粧水で赤ニキビをできるだけ早急に対処したいと思っているのであれば、次のようなデメリットがあることを理解した上で使うのが良いと思います。

赤ニキビを治せる成分がない

無印のクリアケア化粧水の全成分を見ても、赤ニキビを対処できる抗炎症成分が含まれていません。

赤ニキビができているということは肌の免疫力が落ちていると同じことです。

自然治癒力が落ちている状態なので、抗炎症成分で治そうとしている力を補ってあげなければいけません。

しかし無印のクリアケアには炎症の治癒を支える抗炎症成分が足りません。

このような化粧水を選んでも炎症を鎮めることはできません。

また肌を免疫力も上がらないので赤ニキビの再発を食い止めることはできません。

赤ニキビ対策としてクリアケア化粧水を選ぶのは間違っていると思います。

ラインで揃えると価格が…

無印クリアケア化粧水は赤ニキビに効果的ではないのにラインでそろえてしまうと結構な額になります。

クリアケア化粧水は200mlで約1300円です。

乳液は150mlで焼く1300円なので合計2600円の出費になります。

また、化粧水や乳液を出すためのノズルも別売りで190円かかります。

クリアケア薬用アクネ美容液は50mlで約1600円。

無印クリアケアシリーズはラインでそろえると大体5000円くらいかかることになります。

5000円は人によって価値観が違いますが、効果がないのに5000円払うのは無意味だと思います。

5000円あったらもっと赤ニキビに効果的な化粧水がたくさんあるので他を選ぶべきです。

薬局の大人の黄ニキビへの化粧水

大人の黄ニキビに薬局のニキビ化粧水であるshiroはおすすめできません。

shiroの化粧水はラワンという植物を使った植物由来の化粧水です。

ラワンはふたばがき科という植物で、家具や装飾品として使われています。

このラワンから独自製法でエキスを抽出したのがshiroのラワンぶき化粧水です。

しかし黄ニキビというのは最も炎症が進んだニキビなので消炎成分で炎症を取り去ることが重要です。

shiroの化粧水にはこの消炎成分が含まれていません。

天然の植物由来だとしても消炎成分が入っていなければ黄ニキビには効果なしなので選ばないほうが良いと思います。

薬用化粧水ではないので効果なし

shiroのラワンぶき化粧水は薬用化粧水ではありません。

薬用化粧水というのは黄ニキビを治す「有効成分」を有している厚生労働省から認可された化粧水です。

「医薬品医療機器等法」での「化粧品」は、美しく見せる、頭皮や毛髪を清浄にする、などを目的としたものです。「医薬品医療機器等法」での「医薬部外品」に区分される化粧品の多くは「薬用化粧品」と表示されていますが、にきびを防ぐ、美白に効果がある、などの「有効成分」を含有しています。

引用:独立行政法人国民生活センター

薬用化粧水として販売されていて、なおかつ有効成分が含まれていないと黄ニキビを治すことはできません。

shiroのラワンぶき化粧水は公式ホームページを見る限り薬用化粧水という表示書きはありませんでした。

ニキビを治すものではなく美しく見せるための化粧水なので効果なしです。

黄ニキビを治すニキビ化粧水を探している場合は「薬用化粧水」か「医薬部外品」として販売されているかどうかが判断基準になると思います。

成分表示が少なすぎる

shiroのラワンぶき化粧水は配合成分が少なすぎます。

フキ液汁、BG、1,2-ヘキサンジオール、メチルパラベン

引用:shiro公式サイト

主成分がフキ液汁で、そのほかはベース成分といってどの化粧水にもだいたい含まれてい成分です。

成分が圧倒的に少なすぎてこれでは効果を感じる人は少ないと思います。

黄ニキビを治すためなら消炎成分のグリチルリチン酸やサリチル酸のどちらかが入っていれば効果はありますが、shiroのラワンぶき化粧水には入っていません。

配合成分の少なさや黄ニキビを改善できる化粧水が少ないので、黄ニキビには向ていない化粧水の代表的な例と言えます。

原料が植物だけなので品質がまばらになる

shiroのラワンぶき化粧水は天然のラワン武器という木を原料にして作られています。

天然の植物を扱っているので原料の産地や時期によって品質がまばらになるというデメリットがあります。

また、天然の白ラワンは木材が腐るという特徴があるみたいです。

加えてshiroのラワンぶき化粧水は水を使用しないでラワンのしぼり汁を100%使用しています。

天然とはいえ肌に合う合わないが別れると思います。

薬局にある大人の紫ニキビへのニキビ化粧水

薬局のニキビ化粧水に大人の紫ニキビ向けの化粧水はありません。

たとえばハトムギ化粧水は使っても意味がないです。

紫ニキビはニキビの中でも一番奥深くまで炎症した状態です。

ハトムギ化粧水は薬用成分や有効成分が一切含まれていないため、紫ニキビを改善することはできません。

不適切なケアで悪化させてしまう恐れもあります。

紫ニキビにハトムギ化粧水が向いていない理由は、ニキビ跡になる可能性があること、コスパがよくないという2つがあります。

ニキビ跡になる可能性

紫ニキビにハトムギ化粧水を使うと、症状の進行を止めることができないためニキビ跡になる可能性があります。

紫ニキビは処置を間違うと皮膚にメラニン色素が皮膚の中に沈着し、ニキビ跡になります。

ニキビ跡になると何か月も改善することは難しくなります。

ハトムギ化粧水には炎症を鎮める効果や色素沈着を予防できる効果はありません。

また根が深い紫ニキビの炎症まで成分が届く処方で作られていません。

化粧水に含まれる成分がしっかり患部に届かなければ含まれる成分はないのと一緒です。

できるだけ紫ニキビの炎症部分の奥まで浸透するニキビ化粧水を選びたいですね。

コスパが問題

ハトムギ化粧水は手頃だけが取り柄で紫ニキビには効果がなく、コスパが最悪な化粧水の代表格です。

ハトムギ化粧水は500mlの容量で世間では大容量でばしゃばしゃ使えるコスパが良い化粧水と言われています。

しかし1回に使う量が500円玉3回分になっていて、もちでいうと大体1か月持つか持たないかくらいです。

大容量なだけで浸透力が少ないため、たくさん使わなければ効果がないんです。

紫ニキビを治すには患部に浸透させることが大切です。

大量に使わないと浸透力がないハトムギ化粧水ははっきりいって紫ニキビ向けのニキビ化粧水ではないです。

間違ったニキビ化粧水を選んで紫ニキビを悪化させないようにしてくださいね。

 

【大人ニキビ化粧水/薬局】プチプラで買えるデパコスの大人ニキビ化粧水

薬局にはないデパコスの大人ニキビ化粧水ランキングもご紹介します。

使い心地が良いことが20代に評価されています。

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング

 

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング1位:sk-2フェイシャルトリートメントエッセンス


デパコスの大人ニキビ化粧水ランキング1位はSK-2フェイシャルトリートメントエッセンスです。

価格は種類によって変わります。

75mlで8500円、160mlで17000円、230mlで22000円です。

販売元はP&Gプレステージです。

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング2位:ファーストアユーラ f サインディフェンス バランシングプライマー アクネ

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング2位はファーストアユーラ f サインディフェンス バランシングプライマー アクネです。

価格は4,200円で容量は100mlです。

メーカーはアユーララポラトリーズです。

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング3位:ディオール スノー ブライトニング エッセンスローション

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング3位はディオールスノーブライトニング エッセンスローションです。

価格は6900円、内容量は200mlです。

メーカーはパルファン・クリスチャン・ディオールです。

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング4位:クリニーク アクネ クラリファイングローション

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング4位はクリニーク・アクネクラリファイングローションです。

価格は4104円で、容量は200mlです。

クリニークラボラトリーズが販売元です。

デパコス大人ニキビ化粧水ランキング5位:ソフィーナ エスト(est)ザ ローション

デパコス大人ニキビ化粧水5位はデパコス・ソフィーナエスト(est)ザローションです。

価格は130mlが5500円、140mlで6000円で2タイプあります。

保湿力が欲しい方に支持されているデパコス化粧水です。

販売元は花王株式会社です。

薬局にはないデパコスの大人ニキビ化粧水の成分を比較

薬局にはないデパコスで選ばれている大人ニキビ化粧水の成分を比較してみました。

デパコスの大人ニキビ化粧水は企業独自で研究して作り出した成分が多いです。

薬局の大人ニキビ化粧水ではコスト面などから配合できない成分を惜しみなく使っているという印象ですね。

保湿成分 抗炎症成分 価格 持ち
エストザローション ATPスピラル なし 6000円 140ml/28日
クリニーク ヒアルロン酸Na等 サリチル酸 4104円 200ml/40日
ディオール ペンタンジオール等数種類 グリチルリチン酸 6900円 200ml/40日
アユーラ エリスリトール等 トラネキサム酸・グリチルリチン酸 4200円 100ml/20日
SK2 ピテラ なし 22000円 230ml/46日

※持ちは500円玉大(2.5ml)で何回分かを計算

大人ニキビ化粧水:ソフィーナ エスト ザ ローションの成分

水、DPG、PEG-32、プロパンジオール、エクトイン、ヒバマタエキス、チューベロース多糖体、ユーカリ葉エキス、ショウガ根エキス、アスナロ枝エキス、グリセリン、BG、プルラン、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、イソセテス-20、PEG-12ジメチコン、カルボマー、キサンタンガム、PEG-400、エタノール、クエン酸、クエン酸Na、水酸化K、フェノキシエタノール、EDTA-2Na、香料

引用:ソフィーナ公式サイト

ソフィーナエストザローションの成分にはATPスピラルというソフィーナ独自成分が含まれています。

ATPスピラルは月下香培養エッセンス、ヒバマタエキス、グリセリンを合わせた成分です。

それぞれ保湿力のある成分ですが、特に月下香のエッセンス(チューべロース多糖体)はお肌に潤いの皮膜を作り、寒いところや乾燥した環境でも角層のお肌の水分をとどめてくれる作用があります。

保湿を求める方にはおすすめのエストザローションですが、ニキビを治す成分が不足しています。

もともとエストザローションは薬用ではないため、ニキビの予防改善への効果は認められていません。

年齢が進んだ乾燥気味のお肌には保湿力が効いてくれますが、ニキビには効果なしなので買わないほうがよいと思います。

大人ニキビ化粧水:クリニーク アクネ クラリファイングローションの成分

水、ハマメリス水、DPG、ビオサッカリドガム-1、BG、アセチルグルコサミン、グリセリン、スクロース、サリチル酸、カフェイン、ヒアルロン酸Na、ポリソルベート20、トレハロース、カブリロイルグリシン、リン酸2Na、EDTAー3Na、フィノキシエタノール等

引用:クリニーク公式サイト

クリニークのアクネクラリファイングローションは成分以外にオイル吸着パウダーが配合されています。

毛穴から分泌される余分な皮脂はニキビが炎症する原因になります。

アクネクラリファイングローションのオイル吸着パウダーは過剰に分泌された皮脂を吸着し、ニキビの悪化や原因を防いでくれます。

サリチル酸も含まれているので、乾燥が原因でターンオーバーしても剥がれずに厚くなった角質を剥がし落としてくれます。

また、角質層の水分を高めてくれるグリシンやヒアルロン酸Naなどの保湿成分も含まれているので乾燥気味の肌にも使える拭き取り化粧水です。

グリチルリチン酸などの抗炎症成分が含まれていないので、保湿と角質ケア目的で使うのがおすすめですね。

しかし保湿力は弱めなので加齢したお肌には不向きか物足りなさを感じるかもしれません。

ニキビ化粧水:大人ニキビおすすめされているクリニーク

デパコスに分類されるクリニークの化粧水・クラリファイングローションは化粧水タイプの化粧水です。

有効成分でオルビスと比較してみると、かなりコスパが悪く価格に見合わない成分ばかりでした。

オルビスクリアローション クリニーク
価格 1620円 3672円
容量 180ml 200ml
保湿成分 グリセリン・コラーゲン・BG・ソルビット液・POE グリセリン・ヒアルロン酸・BG・トレハロース・アセチルグルコサミン
ニキビ改善成分 甘草エキス・紫根エキス・ヨクイニンエキス・ローズマリーエキス ハマメリス

種類はことなるものの、保湿成分はオルビス・クリニークともに同じ数の成分を配合していました。

目立って特徴があるのが、ニキビ改善成分がオルビスクリアローションの方が多いことです。

オルビスはニキビ改善のために作られているので、当たり前といえば当たり前の結果ですね。

大人ニキビ化粧水:ディオールスノーブライトニングエッセンスローションの成分

グリチルリチン酸ジカリウム、精製水、グリセリン、エタノール、1.3-ブチレングリコール、ペンタジオール、ポリグリセリン、フィノキシエタノール、ポリエチレングリコール400、エーデルワイスエキス、D-マンニット、ポリエチレングリコール1540、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、L-エルゴチオネイン液、セルロース末、L-アスコルビン酸、2-グルコシド、エクトイン、ポリエチレングリコール6000、アルカリゲネス酸性多糖体、アクリル酸・メタクリル酸アルキル共重合体、香料、エデト酸ニナトリウム、水酸化大豆リン脂質、水酸化ナトリウム、キサンタンガム、酢酸DL-α-トコフェロール、ゼニアオイエキス、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、クエン酸、ソルビン酸カリウム、ジプチルヒドロキシトルエン、デオキシリポ核酸ナトリウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、リン酸水素ニナトリウム、リン酸ニ水素カリウム

引用:ディオール公式サイト

ディオールのスノーブライトニングエッセンスローションの成分のポイントは、抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウムと独自成分のエーデルワイスエキスです。

グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているので毛穴周りが赤くなったニキビや、黄色く芯があるニキビも鎮静してくれます。

エーデルワイスエキスにはクロロゲン酸やイソクロロゲン酸などのポリフェノールが含まれ、抗酸化作用があるので美白やシミ・ソバカス予防に効果的です。

お肌のシミそばかすが気になる方に向いていると思います。

ニキビを治す目的として作られた薬用化粧水なので、デパコスの中でも効果を感るかもしれません。

しかし大人ニキビを予防するシコニンが配合されていないので、繰り返すニキビを予防してくれる効果があるとは言えません。

成分が豊富ですが大人ニキビを治す目的で作られている成分配合ではないので、あくまでトラブル全般用の化粧水として考えていたほうがよいかもしれません。

大人ニキビ化粧水:ファーストアユーラ f サインディフェンス バランシングプライマー アクネの成分

トラネキサム酸*,グリチルリチン酸ジカリウム*,精製水,ジプロピレングリコール,1,3-ブチレングリコール,濃グリセリン,ポリエチレングリコール1000,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,イソステアリン酸,α-オレフィンオリゴマー,エリスリトール,クエン酸ナトリウム,ジイソステアリン酸ポリグリセリル,クエン酸,ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン,メタリン酸ナトリウム,ヒドロキシエチルセルロース,ピロ亜硫酸ナトリウム,イチョウエキス,ビワ葉エキス,ハマメリスエキス,トウキエキス(1),キイチゴエキス,ドクダミエキス,オウバクエキス,フェノキシエタノール

引用:アユーラ公式サイト

アユーラのfサインディフェンスバランシングプライマーアクネの有効成分はトラネキサム酸とグリチルリチン酸ジカリウムです。

どちらも抗炎症成分なのでニキビの赤みを沈めてくれる作用があります。

グリチルリチン酸ジカリウム以外にも、当帰エキス、ドクダミエキスには抗菌作用や抗炎症作用を併せ持っており、炎症鎮静効果に効果的な配合成分です。

また、トラネキサム酸には美白作用もあります。

トラネキサム酸には紫外線を受けた細胞が肌内部のメラノサイトにメラニン生成の命令を出すのを抑制してくれるので、シミやくすみが生まれにくくなります。

年齢を重ねたお肌にはうれしい成分配合です。

保湿成分はエリスリトールで、保湿成分の中でもトップクラスに浸透率があるのが特徴です。

角質内に水分を保持することでニキビ菌が増えることを防止する制菌作用もあります。

清涼感がある成分なので、ひんやり感を感じることもあるかもしれませんね。

大人ニキビ化粧水:sk-2フェイシャルトリートメントエッセンスの成分

ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、BG、ペンチレングリコール、水、メチルパラベン、ソルビン酸等

引用:P&Gプレステージ公式サイト

SK-IIフェイシャルトリートメントエッセンスには、独自成分のピテラが配合されています。

ピテラにはお肌の天然保湿因子(NMF)と呼ばれる成分を50種類以上配合しているので保湿力に優れていいます。

天然保湿因子(NMF)はお肌の外側にある角質層にある角質細胞の水分を保持する役割を担っています。

この天然保湿因子の成分の約半分はアスパラギン酸やトレオニン、セリン、グルタミンなどのアミノ酸で構成されていて、成分に偏りがあると保湿力が低下してしまいます。

ピテラにはアミノ酸をはじめとしてビタミン、ミネラルが50種類以上配合されています。

お肌が必要とする形で吸収することができるのでお肌の潤いを底上げしてくれます。

お肌の水分不足で乾燥が特に気になるお肌に効果的です。

しかし保湿成分は申し分ないですが肝心の大人ニキビの炎症や予防に効果的な成分は配合されていません。

大人ニキビを克服してから健康な肌をキープする目的で使用するのが効果的と言える化粧水ですね。

 

【大人ニキビ化粧水/薬局】ドラッグストアのメンズニキビ化粧水について

テカるメンズ混合肌の薬局のニキビ化粧水

テカるメンズ混合肌の薬局のニキビ化粧水はセラミドを配合している化粧水です。

Tゾーンがテカる原因には皮脂の落とし過ぎによるお肌のセラミド減少が原因の一つです。

おでこや鼻は皮脂が多くなりがちなので念入りに洗うことが多いです。

これは逆に皮脂を落としすぎる原因になりお肌の水分を保持しているセラミドが減少する原因になります。

混合肌でニキビに悩んでいる場合は薬局のセラミドが豊富な化粧水でも十分効果的です。

セラミド化粧水なら乾燥する部位も合わせて対策することができます。

セラミドにはヒト型セラミドやナノ化セラミドなどの種類があります。

セラミドの種類で困ったときはナノ化セラミド配合で容量が多いタイプが最もコスパが良いと思います。

メンズのオイリー肌大人ニキビの化粧水

メンズのオイリー肌の大人ニキビ化粧水のおすすめは薬局にありません。

お肌の余分な皮脂や角質を落とすためにはアルカリ性の成分(水酸化ナトリウムなど)が必要です。

表面の不要物を化学反応させて取り除く働きがあります。

更新日:

Copyright© 【大人ニキビ化粧水/ランキング】効果で選ぶバリア機能化粧水 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.