【ニキビ化粧水のやり方】効果的な使い方やコツ

【ニキビ化粧水/やり方】スキンケアのポイント

【ニキビ化粧水/やり方】効果的な付け方

ニキビ対策のためにつける化粧水には効果的な付け方があります。

化粧水は毎日使うものだからこそ、正しいケア止まりではなくニキビ対策に効果的な付け方でケアしてあげることがニキビの改善・予防に大切です。

特に、ニキビ専用化粧水でニキビ対策するならば有効成分の特徴を知った上で効果を引き出す塗り方を知っておけば、改善が促され、ニキビのない素肌に近づくとともに心のストレスの緩和にもつながります。

毎日のスキンケアの効果を最大限引き出してニキビのないもちもち肌にしていきたいですね。

乾燥肌の化粧水の順番・30代

30代は水分量の低下を実感し始め、お肌の悩みが増えだす時。

朝はなかなか時間も少ないのできちんと洗顔、化粧水、乳液、クリーム、日焼け止めの順でケアをしてあげることに集中します。

夜は、お肌の水分量を高めるためにも通常のクレンジング、洗顔、化粧水、乳液、クリームに加えて、乳液の後に美容液、週末のスペシャルケアとしてフェイスパックを加えてあげてください。

アイテムを使い分けてしっかり保湿していくことが大人ニキビを予防する近道ですね。

大人ニキビに朝拭き取り化粧水だけ

大人ニキビが出来ているときは、朝拭き取り化粧水だけで済ます日は週に1回や2回程度に抑えるのをおすすめします。

朝の洗顔代わりに拭き取り化粧水を使えば時短することができるので忙しい女性に向いていますが、どうしても拭き残しができてしまいます。

朝拭き取り化粧水を使ったら夜は必ず洗顔をする、朝時間があるときはぬるま湯や水洗いをしてゆすいであげてくださいね。

ニキビ脂性肌のスキンケア:30代メンズの順番

脂性肌タイプの30代メンズのスキンケアの順番は、1.洗顔、2.化粧水、3.乳液で、2の化粧水と3の乳液による保湿は入念に行いましょう。

お肌がオイリーだからといって自己判断で乳液を省いたりするのはいけません。

脂性肌に多い「洗顔後の肌のつっぱり感」は、水分が少ないことでお肌が敏感になっているサインです。

30代の男性のお肌は女性と比べて半分以下の水分量しかなく、皮脂量は2~3倍もあります。

出勤前の忙しい朝や、仕事から疲れて帰ってきた夜に洗顔、化粧水、乳液などのスキンケアが面倒に感じるかもしれません。

しかし、会社の女性部下などは意外と細かなお肌を見ていたりするので、人間関係を円滑にするためにもスキンケアは大切にしたいところ。

洗顔、化粧水、乳液の順番で30代の肌をしっかりケアしていきたいですね。

ニキビオイリー肌の朝の化粧水・乳液

ニキビがあるオイリー肌の朝も、余分な皮脂を出さないためにも化粧水と乳液はつけなければなりません。

ですがオイリー肌なので油分はもともと多いため、少量で大丈夫です。

個人差はありますがオイリー肌は洗顔後、時間が経ってしまうと皮脂が分泌されてしまい油分の膜が出来てしまうので、洗顔後すぐ化粧水を塗るようにしましょう。

オイリー肌でもおでこと鼻のTゾーンは油分が出やすいため、頬や顎に塗る量よりも少量の乳液で保湿することができるでしょう。

男の思春期ニキビでも朝は化粧水で保湿

思春期ニキビは男も悩みの種ですね。

思春期の男性は油分が特に時期ですが、保湿不足からくる皮脂分泌増加を抑えるためにも化粧水は塗りましょう。

さっぱりタイプの化粧水を朝の洗顔後に少量ずつ付けて馴染ませます。

500円大の量を塗布すると表示されている化粧水もありますが、少量ずつ付けてあげることで自分のお肌の適量を超えない範囲でつけることができます。

思春期は油分・水分ともに豊富な時期なので、基本的には大量につけなくても保湿は十分です。

これから学校で過ごし、帰宅するまできちんとしたケアは行えないので、朝のケアを大切にしたいですね。

敏感肌スキンケアの順番:韓国での朝・夜の方法

ニキビがない水光肌(ムルグァンピブ=韓国でいう美肌)が多い美容大国の韓国には、10ステップスキンケアという方法があります。

朝は1.ウォータータイプのクレンジング、2.角質除去、3.化粧水、4.エッセンス、5.美容液(セラム)、6.フェイスシートパック、7.アイクリーム、8.保湿クリーム、9.日焼け止めの10ステップです。

夜は1.オイルクレンジング、2.ウォータータイプのクレンジング、3.角質ケア、4.化粧水、5.エッセンス、6.美容液、7.フェイスシートパック、8.アイクリーム、9.保湿クリーム、10.ナイトクリームの10ステップです。

朝は8段階、夜は10段階のステップがあるのが特徴です。

これはやり方の順番なので敏感肌の方は刺激が少ないスキンケアアイテムを使って実践してみてください。

ニキビ敏感肌の朝は水洗顔後に化粧水

洗顔を行うとき、覚えておきたい大切なポイントは「ぬるま湯を使うこと」

引用元:オルビス公式サイト

ニキビがある敏感肌の方は、朝水洗顔後の化粧水ケアでも十分です。

水洗顔といっても冷水の冷たいお水でするのではなく、常温に近い水温で洗顔しましょう。

水洗顔のコツは、しっかりと髪の生え際から洗ってあげること。

冷たいと細かな部分が疎かになりがちなので、生え際から洗ってあげることで洗い残しを防ぐことができます。

ニキビにつける化粧水は寝る前よりお風呂上がり

ニキビにつける化粧水は、寝る前よりもお風呂上がりのタイミングがおすすめです。

お風呂上がりのほうがお肌の毛穴が開いているので、化粧水の有効成分が浸透しやすく、ニキビ改善にも効果的です。

お風呂のタイミングが早い場合は、止む終えないので寝る前に洗顔を行い化粧水をつけてあげましょう。

お風呂に入るのが深夜の場合は、12時になる前に洗ってあげたほうがお肌の衛生的にも望ましいです。

お風呂上がりの化粧水のタイミングはドライヤーの前

お風呂上がりの化粧水を付けるタイミングは、ドライヤーで髪を乾かす前がもっとも効果的です。

お風呂上がりは毛穴も広がっているのと同時に、体温が高まっているため顔の毛細血管が広がって血流が良くなっています。

ニキビの消炎成分や抗炎症成分がもっとも効果的に働くので、ドライヤーの前に化粧水を塗ってあげてください。

お風呂上がりすぐ付けると汗と混じり合いそうですが、ニキビの有効成分は毛穴が閉じきっているときにつけるよりも開いているときの方が効果的です。

お風呂上がり30秒~1分以内などを意識してみると良いかもしれません。

ニキビの化粧水をつける男の時間・タイミング

濡れた肌は水分が蒸発して乾燥しやすくなっている状態なので、化粧水やその後のスキンケアアイテムは、なるべく時間をおかずに付けるようにしましょう。

引用元:オルビス公式サイト

ニキビに悩む男性が化粧水を付ける時間・タイミングは、朝・夜の洗顔後や入浴後(お風呂上がり直後)・髭剃りをした後です。

皮脂を落としきった洗顔後は水分が失われやすいので、すばやく化粧水を塗ってあげることがポイントです。

髭剃り後も同様で、剃刀によって肌表面の角質が剥がれてしまっているので、髭剃りをしたタイミングでかならず化粧水をつけてあげてください。

顎周りを入念に保湿してあげるのを意識すると効果的ですね。

化粧水と乳液とクリームどのくらい時間おく?

化粧水、乳液、クリームをつける場合、適切な時間や感覚はありません。

3分待つと肌奥に浸透する、浸透タイムを置くなどいろいろな意見がありますが、アイテムによってテクスチャーや使用感がかわります。

そのため、具体的に何分というおく時間は変わるので、お肌に化粧水や乳液が馴染んだタイミングで付けるようにしましょう。

馴染んだ時のお肌の特徴は、お肌に手のひらを付けた時に吸い付くような感覚があればOKです。

シャバシャバしている状態からもっちり吸い付くような変化は手で塗らないとわからないので、馴染んだかの感覚を覚えるまでは手で塗ってあげるとよいかもしれませんね。

コットンでのニキビへの化粧水の付け方

引用元:資生堂HP

コットンに化粧水を出すときは、裏側まで十分しみるくらいたっぷり出します。少なすぎると肌の刺激になってしまうので、惜しまずに!その後、コットンを顔全体にすべらせるようにして、やさしくなじませましょう。

引用元:オルビス公式サイト

ニキビにコットンで化粧水を付けるときは、たっぷり化粧水を浸したコットンでパッティングしてあげると効果的です。

しっかり化粧水でコットンを浸してあげることで、肌とコットンの摩擦を軽減することができます。

コットンは中指の腹において人差し指と薬指で挟み込んで持ちます。

指先の方で挟んだほうが付けた時の衝撃も少なくなります。

パッティングするときはトントンと押さえるようにして塗り拡げます。

基本的には顔の中心から外側に向かって塗り拡げますが、顎やフェイスライン、こめかみなどの乾燥がひどいところや意識的に塗っておきたいところは先に塗るのがコツです。

コットンでのニキビへの化粧水の付け方:量について

引用元:資生堂HP

コットンにつける化粧水の量の目安は、コットンを挟んでいる指が化粧水を感じるくらいたっぷり目に染み込ませましょう。

使用しているコットンによって量がかわるため、具体的な量というのはありません。

しかし、少ないと乾き気味のコットンをニキビに当てることになるので、量は多めの方がおすすめです。

男性も女性も基本的には同じと思って大丈夫です。

コットンでのニキビへの化粧水の付け方:何枚使う?

引用元:資生堂HP

コットンの何枚使いにするか迷いますが、厚みが5mmを超える厚手タイプなら1枚で十分です。

薄いタイプであれば、2枚使用しても良いですが、多くても化粧水が少量だと刺激になる可能性があるので、1枚にたっぷり使うのがおすすめです。

コットンパフの縁が圧着されていないタイプであれば使い方が広がるのでおすすめですよ。

コットンでのニキビへの化粧水の付け方:パッティングの回数

コットンでニキビに化粧水を付けるときは、何度も付けたいところですが基本的には3~4回のパッティングで十分です。

水分を含むとニキビが潰れがちになるので、何度もポンポン・パタパタとパッティング回数をこなすのではなく後術するコットンパックなどで化粧水を浸してあげるのがおすすめです。

ニキビの状態によって変わるので、これ以上パッティングしたら潰れちゃいそうと感じたときはそこでパッティングを終わらせたほうが良いかもしれませんね。

コットンでのニキビへの化粧水の付け方:コットンパックの時間

ニキビ部分へのコットンパックの時間は1~3分、赤く炎症している場合でも10分前後にとどめましょう。

炎症の鎮静にも有効成分を染み込ませることはとても効果的です。

しかしコットンパックの時間が長いと乳液を塗るときに潰れやすくなってしまうため、短めの時間が理想的です。

化粧水の手でのニキビへのつけ方

ニキビに手で化粧水を付けるときはまず清潔な手でなければいけません。

基本的に洗顔後に付けることになるので清潔ですが、爪の中なども綺麗にしておくのもおすすめです。

手でつけるときはしっかり手に広げて人肌に化粧水を温めるとお肌への刺激も少なくすみます。

顔の中心から塗るのが一般的ですが、ニキビが集中しているところから塗り拡げても大丈夫です。

指先ではなく手のひらで塗ってあげるとムラも少なく塗ることができますよ。

化粧水の手でのニキビへの付け方:適量はどれくらい?mlについて

ポイントは、量の使い分け。乾燥しやすい目元・口の周りやUゾーンには多めに、ベタつきやすいTゾーンは少なめに調節しましょう。

引用元:オルビス公式サイト

ニキビにつける化粧水の量は、化粧水によって適量がことなるので一概に◯mlと言い切ることはできません。

お肌のコンディションによっても変わるので、1~2滴から薄く塗り拡げ、足りないと思った時に付け足す方法が無駄も少なく、効果的に塗る方法です。

化粧水の表示書きがある場合はその指示にしたがって塗ってみて、自分の適量を知るのも良いかもしれませんね。

化粧水の手でのニキビへの付け方:ハンドプレスで押し込む

手で化粧水を塗るときはハンドプレスで押し込むように塗るのがおすすめです。

ニキビの炎症部分には刺激になる可能性があるので炎症具合を見てハンドプレスをしましょう。

具体的に何秒と決まっていませんが、5秒~10秒ほどが一般的に行われています。

人によってまちまちですが、ハンドプレスを5回~6回繰り返し押し込んでお肌に馴染ませます。

化粧水はコットン・手どちらがニキビに良い?

ニキビに化粧水をつけるときは手・コットンどちらか一方ではなく適宜、炎症の状態、テクスチャー、内容量によって使い分けすることが一番効果的です。

炎症がひどくて触れると潰れてしまいそうなときはコットンで塗る。

内容量が少ないので少量でこ効果的に塗り拡げたいときは手を使って塗る。

化粧水のテクスチャーがシャバシャバでさらさらしているときはコットンを使ってキープしながらつけてあげる。

このように使い分けてあげることでどちらのメリットも活かして使うことができます。

ニキビの化粧水を部位ごとのコットンと手の使い分け

引用元:資生堂HP

ニキビが出来ている時、部位ごとにコットンと手を使い分けて化粧水を付けてあげるととても効果的です。

手はコットンよりも刺激が少なく、コットンは手よりも均一に塗れるというメリットがあります。

ニキビが出来ている部分はコットンでしっかり均等に塗ってあげて、それ以外の部分はニキビができないように刺激の少ない手のひらで塗り拡げるなど、部位ごとに分けてあげると安心ですね。

口元やこめかみなど細かいところにあるニキビにはコットンで生え際まで塗ってあげるのもよいですね。

化粧水の手でのニキビへの付け方:バシャバシャつけるやり方

ニキビお肌に化粧水をバシャバシャつけるやり方をするときは、コットンにいつも以上の化粧水を含ませてパッティングしてあげます。

バシャバシャつけるというよりペタペタと付けるというイメージですね。

化粧水が乾く前に付ける方法なので、ミルフィーユ塗りとも呼ばれている方法です。

たくさんの化粧水を使っていてコットンが潤っているので、お肌の摩擦も少ないやり方です。

乾燥肌やインナードライ肌などのお肌の水分量が少ないお肌には良いつけ方かもしれませんね。

ニキビに違う種類の化粧水を何回も付ける

肌に合うものであればニキビに違う種類の化粧水を何回か重ね付けするのもOKです。

違う種類の化粧水を重ねぬりするときは、水性のものが先、油性のものが後と覚えておくとよいです。

化粧水によってオイルを含んでたりするので、成分をしっかりみて先に塗る化粧水を知っておきましょう。

化粧水は何度付け?7スキン法について

化粧水を何度も付ける方法の一つに7スキン法という韓国で話題になった方法で、セブンスキンメソッドとも呼ばれています。

これは、普通であれば2度づけ、3度づけで終わるところを7回重ね塗りする方法です。

1回目はコットンで、2回目以降は手で化粧水を塗ってあげます。

かならず7回でなければいけないわけではなく、多めに塗るというイメージをわかりやすく言っているようです。

馴染んでは塗ってを繰り返すので、時間がある夜に行うのがおすすめですね。

ニキビ乾燥肌の化粧水を何回か重ねづけ

乾燥肌の場合は化粧水を何度か重ねづけする方法が一般的になってきていますね。

特に20代~30代の肌トラブルの多くは乾燥によるものなので、化粧水を重ねづけして乾燥を予防するのはとても効果的です。

しかし乾燥肌とはいえ、10回も20回も塗ってもそれ相応の潤いや保湿力が得られるわけではないので、2~3回に留めるのが良いです。

そのかわりに保湿成分であるセラミドやコラーゲンを含む化粧水で重ね塗りしてあげる方が、少ない量で保湿効果を得られやすいです。

男はニキビ化粧水だけで十分?

男の方がニキビを作らないために化粧水だけでケアしてあげる方法も、肌質によっては良いかもしれません。

しかし朝・夜ともに化粧水だけのケアだと時期によって乾燥する恐れもあるので、冬は保湿力が高いしっとりタイプの化粧水、夏はサッパリタイプの化粧水など、使い分けるのが良いでしょう。

化粧水のみで十分な肌質は脂性肌や普通肌です。

もともとお肌の水分量が多い・均一なタイプということですね。

化粧水を洗い落とすのは風呂

一日保湿してくれた化粧水を洗い落とすのはお風呂に入ったときがベストです。

一日の中でお肌の毛穴が一番開いているタイミングに毛穴の汚れと一緒に洗顔で化粧水を落とします。

朝は忙しい場合は拭き取り化粧水でも大丈夫ですが、基本は洗顔で落としましょう。

朝風呂に入る週間がある場合はそのタイミングで大丈夫です。

【ニキビ化粧水/やり方】アイテムの上手な使い方

ニキビ用の化粧水を含め、クリームやスプレー型アイテムなどのスキンケアアイテムの上手な使い方について解説します。

男の人も使い方は基本的に変わらなないので、アイテムを上手に使ってニキビ対策をしていきましょう。

ニキビの化粧水の使い方:スプレーを化粧の上から

スプレー・ミストタイプの化粧水は、肌に直接吹き付けて使います。顔から離してまんべんなく行きわたるように吹き付けたら、手でやさしく押さえましょう。

引用元:オルビス公式サイト

スプレーボトルタイプの化粧水は化粧の上から使うことができるので、通常の化粧水としてや、日中の外出中にも保湿をすることができる優れもの。

効果的に使うのであれば、あごを上げて顔を上に向き、スプレー化粧水も上に向かってスプレーします。

ミストが落ちてきたのを顔全体で受け止めるようなイメージで塗布してあげます。

余分についてしまった分はティッシュオフするなどして拭き取ります。

ニキビ用と同じ抗炎症成分が含まれているものや、毛穴を収縮させる収れん成分を含むものもあります。

また、日焼け止めをしていても使うことができます。

オフィスで働く女性におすすめのニキビ対策方法ですね。

ニキビの化粧水の使い方:収れん化粧水のタイミング

ニキビの炎症があるときも、収れん化粧水をつけるタイミングは乳液の後です。

収れん化粧水の使い方は基本的にスキンケアの一番最後につけるのですが、ニキビがある場合もそのタイミングはかわりません。

毛穴を収縮させて皮脂分泌によるテカリを抑えてくれるので、メイク崩れ対策としてではなくニキビ予防にもおすすめです。

しかし基本的に保湿したりニキビへの有効成分が豊富なものではないので、朝だけ使用し、夜はニキビ予防のための化粧水というように使い分けてあげるのが効果的です。

ニキビの化粧水の使い方:大人ニキビに拭き取り化粧水

拭き取り化粧水の大人ニキビへの使い方は、クレンジングか洗顔と化粧水の間のタイミングで使います。

クレンジングで落ちなかったメイク汚れや洗顔で落ちなかった角質などを落としてくれますが、洗顔の代わりとして使うとより多く肌を擦る必要がでてくるので、おすすめはクレンジングか洗顔の後です。

また、毎日使うのではなく3日に1回など間隔を開けて使うか、週に1回のスペシャルケアとして使うのが肌にとっても良いでしょう。

ニキビの化粧水の使い方:ピーリングローション

ピーリングローションをニキビがある時に使うときは、炎症している部分に付けないように塗り拡げましょう。

口の周りやまぶたなども同様で、避けて塗り拡げます。

5分~10分ピーリングローションを付けたらぬるま湯ですすぎ洗いを行います。

洗い残しがないようにしっかり髪の生え際や顎の縁まで洗いでタオルドライをします。

このあとすぐに化粧水と乳液を使って保湿します。

敏感肌の方はお肌の状態を確認しながら行います。

ピーリングローションはスペシャルケアとして使うのが効果的なので、毎日ではなく週に1回程度の頻度で行います。

【ニキビ化粧水/やり方】正しい方法

ニキビに使う化粧水でお肌に負担がかからないためにも正しい方法を押さえておくことが大切です。

アイテムの正しい使用方法のポイントについてご紹介します。

ニキビの化粧水の方法:乳液はどのくらい?適量について

化粧水の後に付ける乳液は、1円~10円玉大と言われています。

しかし実際の適量は肌のタイプによって違い、顔全体に薄く広がる量が適量と言えます。

乳液を付けるときは1円玉を一度に手に出すのではなく、極少量を何回かに分けて重ね付けしてあげることで塗りすぎを防ぐことができます。

かなり少なめの量を手に取り、薄く伸ばして塗布してあげるイメージですね。

ニキビの化粧水の方法:好転反応で悪化する期間

化粧水の好転反応といわれる症状でニキビが悪化する期間は、人によって1週間~1ヶ月、長い人で2ヶ月ものの間白にきいや赤ニキビなどの肌荒れの期間がある場合があります。

好転反応には使い始めてから症状が出る場合と、ある程度化粧水を使用してから好転反応が現れる2つのパターンがあります。

通常の肌荒れなのか、化粧水によるものなのかの見極めが難しいので、いつもニキビが治る期間で治らず、続けて出てしまうようであれば好転期間ではないとジャッジしてもよいかもしれません。

ニキビの化粧水の方法:正しい高校生の洗顔方法

高校生の洗顔方法は、かならずネットを使って泡立ててから泡で洗顔することです。

高校生は皮脂が多いので、しっかりした泡を作り、顔の油分をさっぱり流し落とすことが大切です。

洗顔回数は1日2回までにとどめ、テカリが気になるようであれば朝に洗浄力がある洗顔料を使い、夜はニキビの炎症を抑える有効成分を含むものに変えるのが効果的です。

洗顔フォームは石鹸タイプでも洗顔フォームタイプでもどちらでも大丈夫です。

ニキビの化粧水の方法:思春期の水洗い

思春期の水洗い洗顔のコツは、しっかり泡を使って皮脂を落とし切ることです。

思春期は人生でも一番皮脂が多く分泌される時期です。

水洗いはお湯よりも皮脂が落ちにくいので、その分たっぷりの泡をつかって余分な脂を落としてあげましょう。

特に、朝よりも夜のほうが一日の皮脂汚れが多いので入念に水洗いしてあげましょう。

おでこや鼻などのTゾーンにぬめりを感じるようであればその箇所だけもう一度水洗いしてあげるのもおすすめです。

洗顔後は必ず化粧水で保湿してあげてくださいね。

ニキビ化粧水の方法:ニキビ跡への乳液の付け方

ニキビ跡に乳液を付けるときは、しっかり両手で乳液を均等に伸ばしてからニキビ跡に付けましょう。

ニキビ跡の凸凹している部分に乳液が溜まってしまうと新しいニキビができてしまう理由にもなります。

また、顔に塗った乳液も、擦って伸ばすのではなく、乳液を伸ばした手のひらを小刻みにプレスするように塗り拡げましょう。

肌への刺激も少なく済むのでニキビ跡への負担を軽減させてあげてください。

ニキビの化粧水の方法:クレンジングジェルの方法

クレンジングのポイントは、基本的に洗顔と同じく「こすらずやさしく行うこと」が基本ですが、「時間をかけずに行うこと」も大切です。

引用元:オルビス公式サイト

クレンジングのジェルタイプを使って洗顔・メイク落としをするときは、できるだけニキビがある部分を擦らないようにしましょう。

マスカラなどのアイメイクやリップなどのポイントメイクは、落とすときにどうしても擦らなければいけませんが、広範囲をこすらないように気をつければ大丈夫です。

ポイントメイクのみクレンジングジェルを使い、他の部分はクレンジングの代わりに化粧落とし洗顔を使ってあげるのも刺激が少なくすむので敏感肌の方にもおすすめです。

ニキビの化粧水の方法:塗らない・何もつけない美容法

ニキビに何も塗らない・何もつけない美容法というものがありますが、具体的にはケアを減らすといったイメージです。

1滴や2滴などのごく少量の化粧水をつかったり、朝もしくは夜だけ化粧水をつけないなどを週に2~3回、お肌の調子をみて行います。

どうしてもお肌が乾燥気味になるので、洗顔料を洗浄力の弱いものを使用してみるのもおすすめです。

いずれにしても肌に何もつけない方がいい人もいればそうでない人もいるので、お肌の調子をみて行ってみるのがよいですね。

ニキビ化粧水の方法:化粧水がいらない・乳液のみのスキンケア

化粧水がいらない、乳液のみのスキンケア方位法というのも存在します。

やり方は、洗顔を行い、タオルドライをしてからすぐに乳液を塗るという方法です。

もともとお肌には必要なだけの水分が存在しているので、その水分を逃さないスキンケア方法と言えます。

コツは洗顔後すぐに乳液を塗ること。

洗顔をしてから時間が断ってしまうとお肌の水分が蒸発してしまい、保湿が必要になるためです。

ニキビ肌というよりも、お肌の水分量が多い人に向いているスキンケア法と言えそうですね。

ニキビの化粧水の方法:化粧水とパックどっち?

ニキビ対策のコットンパックは、化粧水をつけてからパックするほうが効果的です。

パックを先にしてしまうと、パックをしていない部分の乾燥を促してしまいます。

化粧水を付けたコットンに汚れが付着している場合は違うコットンを使用してパックしてあげましょう。

化粧水を塗ってからパックした時間だけ、パックしていない部分は乾燥してしまうので、パックをとって乳液を塗る前にもう一度化粧水を全体に塗ってあげるのもおすすめです。

ニキビの化粧水の方法:コットンパックの時間

引用元:資生堂HP

ニキビへの化粧水コットンパックの時間はだいたい5分~10分です。

長く行ってもお肌が水分を保持できる量は決まっています。

コットンパックをする時間帯は、朝・夜どちらもで構いません。

外出前にコットンパックをしてあげればハリと水分量がある状態をキープして外気による乾燥も防げます。

コットンが乾燥しないようにたっぷり目に化粧水をつけるか、テクスチャにとろみがあるものだとより効果的です。

ニキビの化粧水の方法:クリームを塗る順番

化粧水の後に保湿アイテムを使う順番は、美容液→乳液→クリーム。油分の多いものが最後になります。

引用元:オルビス公式サイト

ニキビ用のクリームを塗る場合は乳液のあとに塗りましょう。

アイテムによっては洗顔をした後に炎症患部に塗るというものがあります。

その場合は後から化粧水や乳液で保湿することになります。

クリームが顔中に広がるのが嫌な場合はクリームを塗った部分以外から化粧水や乳液を塗り始め、最後にもう一度化粧水・乳液を手に取って広げないように手のひらで押さえ塗りしてあげましょう。

化粧水から乳液に移る場合は一度手を洗ってから塗ってあげることでクリームの広がりを抑えることが出来ます。

ニキビ化粧水の方法:ニキビの上に直接化粧水しよう

ニキビに化粧水をつけるときは、ニキビの上から直接つけるようにしましょう。

ニキビ専用化粧水であれば、ニキビを治す有効成分が含まれているので、ニキビを避けて塗っては意味がありません。

有効成分にはニキビができている毛穴の中まで届くように設計されているものもあるので、ニキビの上に直接、しっかりとつけてあげましょう。

混合肌ニキビは化粧水を併用しても大丈夫

混合肌の方はTゾーンとフェイスライン(Uゾーン)で化粧水を使い分けでも大丈夫です。

男性だと特にTゾーンとUゾーンで肌質が異なるので、それぞれの部位に合う化粧水を選ぶことはとても効果的です。

Tゾーンはさっぱり系のさらさらテクスチャ化粧水、Uゾーンはしっとり系のとろみ化粧水など分けてあげましょう。

TゾーンからUゾーンに移る場合は一度手を洗ってから付けてあげると混ざりあうことなくつけられますよ。

思春期ニキビに化粧水・保湿しない

思春期ニキビに化粧水や乳液で保湿しないという方法はおすすめではありません。

思春期は皮脂量が多いので、あえて何もしないという方法で良くなる割合のほうが少数派でしょう。

ニキビ用の化粧水であれば思春期ニキビの炎症を抑える成分が含まれているので、朝晩ともに付けてあげることで消炎効果が期待できます。

全くしないのではなく、思春期の肌質や皮脂量に応じてニキビ用の化粧水を選んで付けてあげることが大切です。

ニキビに化粧水なしの高校生の肌断食について

高校生の肌断食も、通常とおなじで洗顔量・化粧水・乳液などをやめるやり方が一般的です。

洗顔はぬるま湯のみで、すすぐ程度です。

メイクをしている高校生の場合は、クレンジングを使用せず、石鹸などで落とします。

しっかりメイクをしている場合は落ちにくいので、肌断食をしているときはナチュラルメイクの方が良いかもしれません。

思春期の高校生は部活動や屋外の授業などで紫外線を浴びることが多いので、肌断食中は余計に乾燥する可能性があります。

高校生が初めて肌断食をする場合は、3日行ったら1日休憩、次は7日行って1日休憩というようにある程度インターバルを設けて行うのをおすすめします。

夜に化粧水をつけないニキビ対策方法:夜だけ肌断食

肌断食のやり方の一つに、夜だけ肌断食というやり方もあります。

やり方は夜だけ洗顔・化粧水・乳液などのスキンケアをやめるだけです。

肌断食はスキンケアを一切しない方法ですが、今まできっちりスキンケアをしてきた人からすると不安になりストレスを感じてしまう場合もあります。

特に夜は一日の汚れが溜まっているので人によって向き不向きもあります。

心のストレスはニキビにも影響を及ぼしてしまうので、肌断食開始から1週間は夜だけにとどめ、調子を見て朝も数回導入するパターンも覚えておきましょう。

ニキビの化粧水とニキビ薬の順番:クレアラシルやオロナイン・テラコートリル

ニキビ用の化粧水や乳液とニキビ薬を併用する時の順番は、基本的に化粧水・乳液が先です。

化粧水や乳液は顔の広範囲に塗るので、先にニキビ薬を塗ってしまうと他の部分に広がってしまいます。

治療薬・外用薬として処方されるベピオゲル、エイフェリンゲル、テラコートリル、デュアックや、一般用のクレアラシル、オロナイン軟膏なども、化粧水や乳液の後とおぼえておきましょう。

更新日:

Copyright© 【ニキビ化粧水/大人用ランキング】市販の化粧水を選ぶ前に , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.